Numbersで、「表」を新規に追加する時の6種テンプレート一覧

スポンサーリンク

こんにちは、中川です。

今日も、Apple製の表計算アプリ「Numbers」の基本を解説です。

Numbers 3.3.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

Numbersで「表」を新たに追加するときに、テンプレートから選びます。

全部で6種類あるので、それぞれどんなテンプレートなのか見ていきましょう!

スポンサーリンク

「行」「列」固定のテンプレート

まずは、一番ベーシックな表のテンプレート。

1行目と1列目がグレーになっており、「固定」されています。

もっともベーシックな形な表ですね。

「1行目」だけが固定のテンプレート

これは、「1行目」だけが固定されています。

こちらもベーシックな表です。何かをシンプルに比較したいときに使うと良いでしょう^^

固定無しのテンプレート

これは、固定「行」や固定「列」のない表のテンプレートになります。

とにかく、ざっくりデータを並びたいときは、このテンプレートでガシガシ数字を入れていきましょう^^

「行」「列」固定+合計用の「行」のテンプレート

これは「1行目」と「1列目」が固定されている表に、一番最後にさらに合計用と思われる行が別であります。

比較したいデータが、時系列にあり、それぞれ合計を求めたい。というような、データ数が多くさらに、比較まで行いたい場合。

このテンプレートがうってつけです^^

チェックボックス付きのテンプレート

これはチェックボックス付きのテンプレートになります。

ToDoリストや、出席簿作りなどに、使うと便利ですね^^

株価一覧作成用テンプレート

これは、株価一覧作成用のテンプレートです。

コードの列をタップして、右下の「セル」をタップ。

「株価」という箇所をタップすると、

株価が示される会社の名前が出てきます。

適当にスターバックスをタップして、一番下の「コード」にチェック

すると、表に株価情報が自動的に入力されます。

このテンプレートだけ、関数が組まれています(笑

自分の作りたい表に近いテンプレートがあると、ゼロから作らずに作業が出来て便利ですね。

上手に使って見てくださいね!

関連:

Numbers 3.3.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス