Microsoftの薄型折りたたみキーボードが軽くて、薄くて、打ちやすい!iPadProとiPad miniの2台で試してみた

AD

こんにちは、中川です。

人の商品でレビュー記事を書くシリーズ(笑

本日は、お客さまが新しく購入したキーボードを使いたいと、

MicrosoftのUniversal Flodable Keyboard
(ユニバーサル フォルダブル キーボード)

をお持ちになられました^^

僕も持っていない商品ですので、許可を得ましてレビューさせていただきます( ̄^ ̄)ゞ

化粧箱はこんなだ

まずは、化粧箱。

防滴仕様に、3年保証が付いています。

さらに、2台の端末と同時ペアリングできるのです( ̄ー ̄)ニヤリッ

お客様は、iPad ProとiPad miniの2台持ちですので、この商品を購入されたそうです。

開封してレビュー

それでは、開けてみましょう!パカ!

おー!質感は、Apple純正のキーボードに近いですよ。

ザラッと質感で、指紋は当然つきません。

内容物は、こんな感じです。

  • キーボード本体
  • 充電ケーブル
  • 保証書

です。

本体を開いてみます。

真ん中のスペースが空いているのが、気になります。。。

しかし、めちゃくちゃ軽いですよ!そして、薄い!

これは、早速使ってみましょう!

iPad接続!1台目

すげー簡単なんですが、キーボードを開いた状態だといきなりオンになります。

この状態で、iPadProのBluetooth設定を見ると、「アクセサリ」という項目があるので、タップします。

ペアリング要求がでるので、キーボードで数字の「898532」と打ちます。

「UniversalFoldableKb」と表示されて接続完了( ̄^ ̄)ゞ

iPad接続!2台目

ついは2台目!iPad miniです。

まず、キーボードの「2」を長押しして、ランプを点滅させます。

この状態で、iPad miniの設定を開いて1台目と同じBluetoothの設定を行います。

ワンタッチで接続端末を切り替え

一度接続ができてしまえば、2台の端末の切り替え方法は、カンタンです。

左上の「1」「2」を押すだけで、切り替えが可能です

今は「1」にiPadPro、「2」にiPad miniを接続しているので、押した番号に割り当てられたiPadで使えるようになります。

メリット:「英語」・「日本語」文字の切り替えがワンタッチ

使うまで気がつかなかったのですが、このキーボードは「英語」・「日本語」文字の切り替えがスペースキーの両サイドで行えます。ワンタッチ^^

この配列は、MacのJISキーボードの配列で、iPadの純正SmartKeyboardのJISとおなじです。

これに慣れると、ちょっと他のキーボードには戻れないぐらい便利ですのよ。本当。

デメリット:USキーボードで認識される

デメリットもありました、このキーボードはJISキーボードはずなのに、、、

iPadはUSキーボードと認識してしまい、キーに印字されている文字とは異なる文字が入力されてしまいます(汗

具体的には、薄く記載されている方が入力されてしまうのです^^;

う、むむ。。

まとめ

Microsoftのユニーバルフォルダブルキーボードをカンタンですがレビューしてみました。

まとめると。。

メリットは、

  • 軽くて薄くて持ち運びにとっても最適
  • 2台同時に接続可能で、端末を複数持っている人は便利
  • 「英語」・「日本語」文字の切り替えがワンタッチで、文字入力がはかどる

デメリットは、

  • JIS配列なのにUSで認識されてしまう
  • お値段が高め

っと、複数のiPadやiPhoneを駆使して、文章をよく書く人にはうってつけのキーボードです。

ただし、USキーボードで認識されるので慣れと、ちょいとお値段お高めなのがデメリット^^;

でも、軽さと入力の快適性が第一優先の方は、有力候補間違いなしです!

あ、あとiPadのモデルが変わっても、ずっと使い続けられるのもメリットですね^^

>>iPadをより便利にする周辺機器

>>>iPadのよくある質問・困った・Q&Aに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス