Keynoteで資料作成が捗る!Webの画像をスライドに貼り付ける方法(ドラッグ&ドロップ)

AD

こんにちは、中川です。

Keynoteで日々資料作成をしている僕としては、写真の貼り付け作業が難儀するわけです。

通常、Keynoteで画像を貼り付ける作業というのは、右上の「+」からiPadのカメラロールにアクセスしてから行います。

つまり、、、

資料作成に使いたい画像や写真は、カメラロールに一度入れておく必要があるわけです。

Webから使えそうな資料や、過去の自分のブログから画像を使いたい時ですら、一度ダウンロードして貼り付け作業をしなければいけません。

枚数が増えれば増えるほど、この作業は、、

iPadの中川
めんどくしぇー

っとなっちゃうわけ。

ですが、ですが、、、

iOS11の新機能「ドラッグ&ドロップ」を使えば、Webから直接Keynoteに画像を貼り付けられるんですよー!!

っというわけで、早速実演してみたいと思います^^

Keynote 4.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

KeynoteとSafariをSplitView(2画面モード)にする

まずは、Keynoteを開いたままSafariの画面も開く必要があります。いわゆる2画面モードですね^^

Safariを長押しして、少し浮いたらKeynoteの隣まで持ってきましょう。まだ、Safariから指を離さないでくださいね。

そのまま、左手でKeynoteをタップ。

これで、SafariもKeynoteも立ち上がります。

Safariが上記の画像のように、長細くなったら指を離してみてください。

これで、2画面モードになります。

SafariからKeynoteへ、写真をドラッグ&ドロップ

Safariで使いたい写真の画面にしましょう。今回は、自分のブログの画像を使います。

長押しすると、少し浮きます。浮いたらそのまま、Keynote上のスライドに持ってきます。

指を放すと、ブログの写真がKeynoteに張り付きました^^

Safariから直接、Keynoteに貼り付けが可能なんですよ!手間が減ってこりゃ便利^^

何より、写真アプリが散らからない!(笑

動画で動作を確認

まとめ

Webサイトから使いたい資料画像を、カンタンに持ってこれるこの方法は、パソコンちっくに作業が可能です^^

iPadがメインマシンの僕からすると、非常に嬉しい機能です!

iPadさえあれば、どこでも資料作成がガシガシ作れちゃうので、ぜひあなたもチャレンジしてみてくださいね^^

Keynote 4.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

>>Keynoteの使い方 まとめ に戻る

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス