PDFをWordに変換できる「Adobe Acrobat」の「Export PDF」を課金

スポンサーリンク

こんにちは、中川です。

今、お仕事で契約書の修正なんかもしております。

その際、ベースとなる資料をPDFで頂いき、、

この契約書のコピペで行けるから、よろ(・ω<) てへぺろ[/speech_bubble] なんて感じで、渡されちゃったりしたら、どうします? WordやExcelなら対象の箇所だけをいじれば良いですが、PDFはそうもいきません。 また、パソコンのWordだと変換が可能なようです。 じゃ、iPadだと? [speech_bubble type="ln-flat" subtype="R1" icon="IMG_0019.JPG" name="iPadの中川"] できます(☼ Д ☼) クワッッ!!! [/speech_bubble]

Adobe Acrobat Reader 18.03.31
分類: ビジネス,仕事効率化
価格: 無料 (Adobe)

使うアプリは、アドビのアクロバットリーダーです。有名ですよね^^

有料の技になりますが課金すると、PDFをWordに変換する事ができます。

お仕事だと思えば、さほど痛くない金額ですよ!

課金方法と、Wordの変換方法を紹介いたします^^

スポンサーリンク

PDF → Word変換 課金方法とお値段

PDFをWordに変換する機能は「Export PDF」と言い、アプリ内から課金する事で使えるようになります。

お値段は、「¥242/月」とあり、月額242円のように見えますが、、、

実際は、

年額¥2,900の、年間一括2900円の支払い方法のみです。

でもまー、お仕事の効率化のために2,900円と思えば安いですね^^;

っというわけで、使い方を解説しましょう。

メールなどで添付されてきたPDFをタップして開いたら、「↑」から「Adobe Acrobat Reader」に送ります。

送られたPDFをタップして開きます。

左上の用紙マークをタップ。

ここに「PDFを書き出し」があります。これをタップ。

すると、課金画面になります。

ここでログインするか「Adobe ID」を作成します。

すると、課金画面になります。TouchIDで課金します。

1年間の登録が行われました。更新は自動更新なので2019年の5月8日を忘れないようにしましょう。

「完了」しました( ̄^ ̄)ゞ

PDF → Word変換方法

では、実際にPDFをWordに変換してみましょう。

まずは、言語が英語になっているので日本語に変更します。タップして、、

日本語にチェックして、戻ります。

書き出し文書形式は「Word」を選択。

「PDFを書き出す」をタップ。

はい!出来上がり「Document Cloud」に保存されました!

どこにあるかと言いますと、「戻る」を一度タップして、、

「ローカル」と書かれた箇所をタップした、ここに「Document Cloud」があります。

はい、ここー!!

Wordに変換したものを一度開いて、右上の「↑」をタップ。

「次の方法で開く」をタップしてWordでひらけば、編集も可能です( ̄^ ̄)ゞ

まとめ

PDFは仕事で普通に使うファイル規格です。

実は、PDFに関してはパソコンよりもiPadの方が取り扱いが楽だったりします^^

GoodReaderさえあれば、正直なんでもできます。

ですが、「PDFからWordやExcelの変換」だけはGoodReaderですらできません。

Adobe AcrobatのExport PDF機能さえあれば、それも可能になってしまい、、、

いよいよパソコンいらんですねー( ̄ー ̄)ニヤリッ

iPadでガチ仕事スタイル構築できますよ!ぜひ、お試しください

Adobe Acrobat Reader 18.03.31
分類: ビジネス,仕事効率化
価格: 無料 (Adobe)

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス