Keynoteに手書きイラストを追加する方法

AD

こんにちは、中川です。

Keynoteのパワーアップした機能の一つに「手書き」機能が加わりましたー!!

(☼ Д ☼) クワッッ!!! わりましたー(言いたい

スライドに手書き文字や、手書きイラストを加えたいときに、直接書き込めるようになったのです^^

ぜひぜひ、イラストレーターさんや文字を売っている人は、ぜひ活用されてくださいね!

Keynote 4.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

手書きモードにする

まずは、Keynoteを手書きモードにします。

手書きを加えたいスライド上で、右上の「+」をタップ。図形タブをタップすると「描画」があります。

これをタップ。

すると、下からペンがガッと出てきます。

これで、手書きモードになります。

手書きモードの使い方

では、この手書きモードの使い方を解説です。

ペンの種類

まず、ペンの種類が左側の4つです。

  • マジックペン
  • 鉛筆
  • クレヨン
  • 絵の具

の4種類です。

マジックペン

マジックペンはその名の通りはっきりした実線が描けます。

太さは、マジックペンを長押しする事で変更が可能です。

鉛筆

鉛筆は、その名の通り「エンピツ」のような書き味

こちらも、鉛筆を長押しする事で、太さや濃さを変更することができます。

クレヨン

クレヨンも、「クレヨン」のような書き味です。

これもクレヨンを長押しする事で、太さや濃さを変更することができます。

絵の具

絵の具ツールは簡易塗りつぶしツールになります。

描画したものが、囲まれている箇所を塗りつぶしてくれます。

こちらは、長押しすると濃さの変更が可能です。

ペン色の変更

次にペン色の変更方法。

これは、左端の黒丸をタップすることで変更できます。

消しゴムツール

消しゴムツールは右から3番番目

選択した状態で、消したい箇所をヌリヌリすると消えます。

長押しすると、消しゴムの太さを変更できます。

切り取りツール

最後に切り取りツール。

これは、なぞった箇所を切り取り、、

移動することができます。

まとめ

この描画機能けっこう多機能です。

メモ帳にある手書きよりも多機能なので、実はKeynoteで手書きメモした方が、自由度が高いのではないかと思っています。

Keynoteで手書き文字や手書きイラストを加えたい人は、お試しくださいませ!

Keynote 4.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

>>Keynoteの使い方 まとめ に戻る

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス