Keynoteのスライド1ページに複数の写真を掲載する方法(イメージギャラリー)

スポンサーリンク

こんにちは、中川です。

Keynoteで、1つのスライドに写真をたくさん載せたい時ないですか?

でも、スライドにたくさん写真を載せちゃうと、写真が小さくなっちゃいます^^;

そこで、Keynoteの新機能。

イメージギャラリー!

これを使うと、一つのスライドに写真をたくさん大きく載せる事ができます。

っというわけで、どんなものか、どうやって使うのか紹介したいと思います。

Keynote 4.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

スポンサーリンク

スライドの中で写真がスライドしていく機能

まずは、イメージギャラリーとはどんなものかご覧あれ。

そう、一つのスライドの中で、写真がスライドしていく機能がイメージギャラリーなんですね^^

イメージギャラリーの使い方

では、実際にどうやって作るのか。いきます。

右上の「+」をタップ、写真のタブをタップ。

ここにイメージギャラリーがあります。

右下に「+」があるので、ここをタップすると、iPadの中の写真を選択できます。

複数枚タップして「完了」です。

この状態で、再生マークをタップすると写真をスライドしていく事ができます。

写真を途中で追加する

イメージギャラリーに写真を追加したい場合は、右上の「+」をタップ。

「ギャラリー」タブをタップして「イメージを管理」をタップ。

ここで、写真を追加する事が可能です^^

スライドのエフェクトを変更する

スライドする時のエフェクトも変更できます。

  • なし
  • ディゾルブ
  • ムーブイン
  • 出現

の4種類があります。

写真の表現方法が変わるので試してみましょう。

まとめ

スライド資料は、発表時に写真が多く使われると魅せる事ができます。

ですが、あまりに大量のスライドだと動作が重くなっちゃうし、管理も大変です。

イメージギャラリーを使うと、そんなスライド管理が楽になる非常に便利な機能です。

Keynoteで資料作成をされる方は、活用されてみてください!

Keynote 4.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

>>Keynoteの使い方 まとめ に戻る

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス