Amazon音楽聴き放題が3ヶ月99円
iPad初心者のための使い方入門へようこそ

このブログはiPad初心者さんのために
購入方法から活用法まで多くの情報を発信するブログです。

はじめてのiPad選び方

Googleのパワポ「スライド」アプリのはじめ方

Advertisements

Keynoteで資料を作る派。中川です。

発表資料・資料作成アプリは、大まかに3種類ありまして、

  • Keynote
  • PowerPoint
  • スライド

とあります。

Keynoteは、Apple製の資料作成アプリです。操作性が非常に良いので、僕も愛用しています。

Keynote 4.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

記事もそれなりに書いています。

PowerPointは、言わずもがなのMicrosoft社製のアプリ

Microsoft PowerPoint 2.13
分類: 仕事効率化
価格: 無料 (Microsoft Corporation)

いくつか記事も書いています。

で、今日ご紹介のアプリはGoogle製の発表資料アプリ「スライド」です。

Googleスライド 1.2018.18203
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Google, Inc.)

このスライドで作ると、将来iPadから他のタブレットやスマホがアンドロイドだったりすると、便利に使えるので、知っておくと良いことありますよ^^

っていう事、今日は「スライド」アプリの使い方を解説したいと思います!

Advertisements

Googleアカウントでログインする

Googleのアプリですが、まずはGoogleアカウントでログインします。

作ったスライド達は、Googleドライブに保管されます。

自動的に保存されるので、便利ですよね^^

ただし、まともに動かせるのはインターネットが接続されている事が条件です。

新規スライドのはじめ方

新規スライドをはじめるには、右下の「+」からはじめます。

プラスをタップして

  • 新しいプレゼンテーション
  • テンプレートを選択

を選びます。

新しいプレゼンテーション

新しいプレゼンテーションを選ぶと、真っ白なキャンバスから作成する事になります。

テンプレートを選択

「テンプレートを選択」を選ぶと、すでにある程度デザインされたスライドから作ることになります。

ですので、自分のイメージに近いテンプレートを、デザインを考える必要がないので、資料作成に大いに役に立ちます。

まとめ

Googleのプレゼンテーションアプリ。スライド。

テンプレートがかなり豊富で、しかも用途別に用意されています。

ここはKeynoteよりも、アドバンテージが大きいですね。

また、PCからもスマホからも編集確認ができるのが、大きなメリットだと思います。

気になる方は、ぜひ活用されてみてください!

Googleスライド 1.2018.18203
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Google, Inc.)

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

Advertisements