「スライド」アプリの基本画面構成

スポンサーリンク

こんにちは、中川です。

今日も、Googleのパワポ「スライドアプリ」の紹介です。

今日は、スライド作成画面の各機能について解説です。

こうゆうのは、だいたいパワポやKeynoteと同じなので、適当に触ってれば直感でわかるようになっています。

ですが、初心者さんは、初めて見る画面で硬直しちゃう人もいるので、そんな人のための記事ですね^^;

「スライド」アプリの基本画面構成

いってみよー!

Googleスライド 1.2018.18203
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Google, Inc.)

スポンサーリンク

スライド一覧とスライド編集画面

まずは、基本画面構成。

左側が、スライド一覧がならぶ箇所です。作ったスライドが、どんどんここに加えられて一覧として表示されます。

右側が、スライド編集画面。

左で選んだスライドを編集・加工する箇所になります。

スライドの新規作成

スライドの新規作成は、左下の「+」。

テンプレートからスライドを選ぶと、スライド一覧に加わり、編集・加工が可能になります。

取り消し・進む

右上の矢印は「取り消し」と「進む」

一つ前の操作を「取り消す」時が、左矢印

一つ先の操作に戻る時は「進む」で、右矢印

です。

再生

右上の「▶︎」マークは、再生ボタンです。

発表時する時に、このマークをタップすると全画面表示になって、発表が可能になります^^

共同編集者

一つのスライドを複数人と一緒になって編集する場合に使う「共同編集」マークです。

オブジェクト挿入

図形や画像、写真などをスライドに加える時に使う「+」マーク。

挿入できるオブジェクトは、、

  • コメント
  • テキスト
  • 画像
  • 図形
  • リンク

7種類です。

コメント一覧

上記の「+」や、オブジェクトをタプした時に表示される「オブジェクトの追加」から、追加できる「コメント」

付箋紙のような使い方ができる便利なコメントの、一覧表示できるのが、右上の吹き出しマークです。

その他・ファイル操作

一番右端にある「…」は、スライド全体に対する機能一覧です。

  • コメントを表示
  • Q&Aの履歴
  • テーマを変更
  • スピーカーノート
  • ガイドを表示
  • 詳細
  • 共有とエクスポート
  • ヘルプとフィードバック

  • オフラインで使用可
  • スターを付ける

の全10種類あります。

まとめ

Keynoteよりも、機能が多く、わかりやすい位置に配置されている印象です。

ですが、初めて見る人にとっては「???」ばかりだと思います^^;

まずは、この記事でざっくり把握しておいて、少しづつ自分のものにして言ってほしいです!

Googleスライド 1.2018.18203
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Google, Inc.)

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス