iPadPro10.5とApplePencil / SmartKeyboardを一緒に持ち運べる「POETIC」の透明iPadケース

スポンサーリンク

こんにちは、中川です。

ApplePencil買ったはいいものの、あんまり使っていないのです^^;

完全に宝の持ち腐れ状態。これは、いかんと感じまして、

iPadの中川
ApplePencil、常に持ち歩けば使用頻度あがるんじゃない?

っと考えました。

そうとなったら、常に一緒に持ち運べる用のケースが必要じゃな。って事で、探して見ると、、

ありました( ̄ー ̄)ニヤリッ

Amazon`s Choiceにも選ばれた。iPadケース。

ApplePencilも収納できるし、SmartKeyboardも使えます。

Amazonに書かれている仕様では、特に問題もないですし、レビューも42件あって☆4.3です。期待できます^^

というわけで、見ていきましょう!

スポンサーリンク

化粧箱

まずは、化粧箱。

「POETIC」というメーカーの商品です。

デザインはアメリカで、生産は中国のようですね。

開封

それでは、開封してみましょう。

型崩れしないように、発泡スチロールが入っており、さらにその上からビニール袋で覆われています。

それでは、開封!じゃん!透明!

透明ケースなのですが、柔らかいタイプのケースです。こんな風にグニャリと曲がります。

ケース背面には、POETICのロゴが彫り込まれいてます。

下の方には、POETICという文字が彫り込まれています。

iPadPro10.5を装着

それでは、iPadPro10.5を装着してみます!

はめ込み自体は、ケースが柔らかい事もありカンタンです。

ケースを外す時も、カンタンに外れます。

裏面はこんな。

POETICのログは、Appleマークの邪魔にならない位置。

POETICという文字は、iPadの下に位置します。

当然、Lightningケーブル用の穴やスピーカーには干渉しません。

カメラ部分にもフラッシュ用ライトにも干渉しません。

それどころか、カメラ部分を守るように、ラバー素材のパイピングが施されています。

カメラに直接ものが当たらないよう配慮ですね。

上部のスピーカーやイヤフォンジャックにも干渉しません。

細かいところですが、マイクにも干渉していない事がわかります。

SmartKeyboardを一緒に使う

それでは、SmartKeyboardと一緒にiPadケースを使って見ましょう。

ケースはSmartKeyboardの部分だけ空いています。

そこにSmartKeyboardを通常使用とおなじように使えます。

もちろん、キーボードを使う場合にも何ら干渉しません。

ケース自体が薄いので、角度もほとんど変わりません。

SmartKeyboardを閉じても問題なく使えます。

あと、カバーのスリープ機能も動作します^^

ApplePencilを一緒に使う

ではでは、ApplePencilを一緒に使って見ましょう。

iPadの上部に、ApplePencilを埋め込む事ができます。

ぴったり埋め込まれるので、取り出しにちょっと困りそうですが、、

裏に押し出すようの穴があるので、

ぐっと押し込めば、ApplePencilが出てきます。

また、嬉しい事にApplePencilのキャップ用の穴が空いています。

充電中のキャップ置き場として活躍してくれます。

まとめ

iPadPro10.5用、POETICの透明ケースをレビューしてみました。

SmartKeyboardは毎日使っているのですが、ApplePencilはあまり使っていません。

ただ、紙のメモ帳を持ち歩かないので、ちょっと手書きしたいときというのに、困ります。

ブログを書いてる時に、閃くアイディアとか、思い出した急なタスクなど。

そうゆう時に、さっとメモれる環境は欲しいと常々思っていました。

まずは、ApplePencilを常に持ちあることで、ApplePencilの出番が増えるんじゃないだろうか。と期待しています。

POETICのケースなら、軽いのでほとんど重さは気になりません。

それでいて、僕の必要なiPad本体とキーボード。ApplePencilまで持ち運べるので安心感があります。

お値段も2000円と、リーズナブルですし、透明なのでiPadのデザインも大きく損なう事はないでしょう。

iPadのデザインを楽しみつつ、ApplePencil、SmartKeyboardを持ち運びたい人には、うってつけだと思います^^

スポンサーリンク
PCアドセンス