【ApplePay】財布いらずのApplePayとは?対応iPhoneは?iPhone7で使う設定方法

スポンサーリンク

こんにちは、中川です。

iPhone7が手元にやってきまして、どうしても使ってみたい機能がありました。

それが、ApplePayです。

いわゆる「お財布ケータイ」ですね。日本ではガラケーでその機能が使われていました。その機能がiPhoneに搭載されました。ただし、このApplePayが使えるのは、、

  • iPhone7
  • iPhone8
  • iPhone8Plus
  • iPhoneX

の4機種のみとなっております。

スポンサーリンク

ApplePayとは

まず、ApplePayとは「電子マネーの支払い方法」の事です。

電子マネーとは、

  • Suica(スイカ)
  • QUICPay(クイックペイ)
  • iD(アイディー)

などです。聞いたことあるかと思います。

ApplePayは、これら3種類の電子マネーをiPhoneに取り込んで、使えるようにする仕組みの事ですね。カードを持たなくても良い。というメリットがあります。

コンビニやガソリンスタンド、飲食店や家電量販店などで、利用することが可能です。

本来は、お持ちのクレジットカード会社が上記専用カードを発行してもらわないと利用できませんでした。

ですが、その専用カードの代わりにiPhoneを使いましょう。というのがApplePayの仕組みなのです。

僕もQUICPayのカードは持ってましたが、クレジットカードの他に、またカードを持ち歩かなきゃいけなくて、不便と使うのをやめちゃいました(汗

iPhoneさえ持っていればスイカで電車に乗り、コンビニで買い物ができちゃうので、荷物が超絶減ります。こりゃ便利。

ApplePayの利用方法

実際に利用するには、、

  • iPhoneにクレジットカードを登録する
  • お店で使う

の2STEPです。

今日は、STEP1「iPhoneにクレジットカードを登録する」を解説しましょう。

ApplePayの設定方法

登録するのは非常にカンタン。

iPhoneに最初から入っている「Wallet」アプリから登録します。

立ち上げるとこんな画面。「次へ」をタップ

登録するカードの種類を選びます。

  • クレジットカード/プリペイドカード
  • Suica

の2種類から選びます。

今回は、僕が普段使っているJCBカードを登録したいのでクレジットカードをタップ。

カメラが立ち上がり、枠内にカードの前面を表示写します。

すると、自動的に名義とカード番号を読み取ってくれます!「次へ」をタップ。

セキュリティコードを入力して「次へ」

利用条件に「同意する」をタップ

QUICPayが認識されました!JCBカードを登録するとQUICPayが使えるようになります。「次へ」をタップ

最後に本人確認です。SMSかメールか電話で本人確認しましょう。

認証コードが送られて来るので、コードを入力して完了です( ̄^ ̄)ゞ

これで、iPhoneだけで買い物ができるようになりましたー!!

正直、めちゃ便利です。これ( ̄ー ̄)ニヤリッ。

次回、使い方を行きますよー!

スポンサーリンク
PCアドセンス