iPadでメルカリにチャレンジ!

iPad・iPhoneの初期設定がカンタンになった!AppleIDを転送する「クイックスタート」が便利!

Advertisements

こんにちは、中川です。

ちょっと、新しくiPadを初期設定する機会(娘用にね♡)がありまして、ちょろちょろと作業しておりました。

すると出てきました、この画面。「クイックスタート」というものです。

前から気になっていましたが、これを使ってみようと思って使ったら。。

あら便利!AppleIDとパスワードの入力が省けましたよ!

調べてみると、「クイックスタート」で転送できるものは、、

  • AppleIDとパスワード
  • WiFiのSSIDとパスワード

のようですね。もっとあるのかしら。

しかし、非常に便利な機能ですので、ご紹介したいと思います!

Advertisements

「クイックスタート」はAppleIDをコピーできる

新しいiPadの初期設定の側に、いつも使っているiPadを置いていると「クイックスタート」という画面が表示されます。

いつも使っているiPadの手順

いつも使っているiPadの手順としては、

まずは、「新しいiPadを設定」という表示の「続ける」をタップ。

そうすると、カメラ画面になります。

このカメラで、新しいiPadの画面を撮影します。

新しいiPadの手順

新しいiPadの手順としては、上記「いつも使っているiPadの手順」を行うと、、、

こんな風に、青い元気玉みたいな模様が画面に表示されます。

これを、いつも使っているiPadで起動したカメラで撮影します。

そうすると、いつも使っているiPadの設定が新しいiPadに転送されます。

転送が完了すると新しいiPadの画面にパスコードを求められます。これは、いつも使っているiPadのパスコードになります。

これで、AppleIDとWiFiの設定が転送されました!チマチマと文字入力する必要がないので楽チンです^^

あとは、通常の初期設定を画面の指示に従って進めます。

まずは、TouchIDの設定。

TouchIDの設定は、特に不要ですね。娘のだし。家でしか使わないし。

つぎにバックアップからの復元を指定。

今回は、娘のiPadにするので「新しいiPadとして設定」を選択。

利用規約に「同意」します。

「 位置情報サービスをオン」をタップ。

地図などで、位置情報機能が動いてないと困るからね^^;

ApplePayの設定。ApplePayはiPhoneで使う方が便利だと思っています。

iPadでは不要かな。娘のだし。「設定であとで設定」をタップ。

Siriの設定。今日の天気をSiriでよく聴いているので、こえrはオンにします「続ける」をタップ。

iPad解析の設定。iPadの不具合情報をAppleに送るかどうか。

これは「Appleと共有」をタップします。Appleの製品向上に一役買いましょう。

TruToneディスプレイの設定。iPadの画面の色味を自動的に調整してくれる機能です。が、、僕はこれ要らない。

「TruToneなしを試す」をタップ。

さー!設定自体はほぼ終わり!

あとは、新しい機能の説明をさっと読んでしまえば完了しますよ!

Dockの使い方。「続ける」をタップ。

Appの切り替え方法。「続ける」をタップ。

「さぁ、はじめよう!」をタップ。

さー!娘よ。新しいiPadをつかいなさい!

まとめ

「クイックスタート」という機能を使って、初めてiPadの初期設定をおこないました。

  • AppleIDとパスワード
  • WiFiのSSIDとパスワード

の入力をする必要がないので、すこぶる楽チンです^^

WiFiのSSIDとパスワードなんて、WiFiルーターをみないとわからないですよ。

人によっては、冷蔵庫の上とか、ベッドの下とか、取り出しにくい場所に置いてあるはずです。

WiFiの設定をするためだけに、観に行くのは非常に面倒くさいですよね^^;

クイックスタートを使えば、そう行った面倒くさい事をせず、しかも入力すら不要になります。

次回からは、クイックスタートを利用してサクッとiPadの設定をしていこうと思います!

Advertisements