iPadでメルカリにチャレンジ!
iPad初心者のための使い方入門へようこそ

このブログはiPad初心者さんのために
購入方法から活用法まで多くの情報を発信するブログです。

はじめてのiPad選び方

Keynoteで作ったスライドをアニメーションごと動画で書き出し!簡易アニメーション作成か可能になった!

Advertisements

こんにちは、中川です。

みんな大好きKeynote。僕もほとんど資料作成はKeynoteです。

Keynote 4.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

ただし、Microsoftのパワーポイントに機能の豊富さで負けてる部分もありました(汗

それが、

スライドを動画として書き出し

です。Keynoteで作ったスライドをアニメーションごと書き出す機能が今までなかったんです。

今までは、、、、ところが!ついに!

Keynoteで作ったスライドをアニメーションごと書き出す機能

か登場しました!アニメーションごと書き出すので、簡易アニメーションの作成が可能になります( ̄ー ̄)ニヤリッ

ってなわけで、動画書き出し機能を紹介したいと思います!

Advertisements

Keynoteのスライドを動画に書き出す方法

まずは、作ったスライドにアニメーションやトランジションを加えておくと、わかりやすいです^^

Keynoteの基本画面〜アニメーション編集画面〜
こんにちは、中川です。 Keynoteの基本画面の一つ、アニメーション編集画面について解説します。 アニメーション編集画面は、スライドの切り替わりにアニメーションを付けたり、オブジェクト自体に動きを付けたりするものです。 ...
スライドの切り替わりにアニメーション(トンジション)をつける方法
こんにちは、中川です。 いよいよ、スライドにアニメーションを付けていきます。 スライドにアニメーションをつける事を(トランジション)というらしいですね。 動きがあると、見ている人を楽しませる事ができますよ^_^ スラ...

作ったスライドの右上。「…」をタップ。次に、「書き出し」をタップ。

すると、、

  • PDF
  • PowerPoint
  • ムービー
  • イメージ

と4つ選択肢が出ます。「ムービー」を、タップ。

動画の画質を決める「解像度」を選択します。

  • 720p
  • 1080p
  • 2160p(4k)

4Kがある!超絶高画質に出力できるんだ!ま、今回は720pで充分。

それ以外の項目を見てみると、、、

次の「スライドに移動」は、スライドに移るまでの時間。5秒とすると、3枚のスライドで15秒かかる事になります。

また、「次のビルドに移動」は、オブジェクトに追加したアニメーションが始動するまでの時間。

一つのスライドにアニメーションを3つ加えると、そのスライドが表示されて、次のスライドに移るまで5秒+2秒x3=11秒かかる。という事になります。

これに加えて、各アニメーションの時間がありますので、うまく組み合わせて、動画時間の調整をする必要があります。

各設定項目が決まったら、右上の「書き出し」をタップします。

動画を書き出し中。。。

書き出し先を選択できます。

iCloudや、各種クラウドサービス。別のアプリにも書き出せます。

今回は、写真アプリに保存しておきます。

すると、こんな動画が作れます^^

いやー、かなりパワーポイントに近づいているんじゃないでしょうか!!

まとめ

以前、読者さんにこんな質問を頂きました。

読者
Keynoteを動画として書き出せませんか?

当時は、書き出し機能がなかったので「ごめんなさい」だったんですが、今はできちゃいますからねー。

パワポ以上に、使いやすい素晴らしいアプリですよ!Keynote!!

Keynote 4.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

>>Keynoteの使い方 まとめ に戻る

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

Advertisements