【PCのみ】YouTubeクリエイターツールのぼかし処理(モザイク処理)ツールが優秀!と使い方

スポンサーリンク

こんにちは、中川です。

今日は、珍しくiPad・iPhoneの使い方ではなく、PC・・・っというか

「YouTube」の使い方。

YouTubeに動画をアップする時、個人情報の配慮を行うため動画の中で写っている顔にはモザイク処理をして公開したりします。

その際、iPad・iPhoneには使い勝手のよいモザイク処理アプリというのが、なかなかないんですよね^^;

動画編集-Perfect Video-動画作成,動画加工 6.1.3
分類: 写真/ビデオ,ユーティリティ
価格: 無料 (yinfeng tang)

こうゆうの使ってますが、動画において必要な箇所にモザイクをかけるってかなり面倒な作業なんです^^;

ところが、最近知ったのですがYouTubeには「動画加工ツール」というのがあって、、、、

自動的に必要な箇所を検知して、モザイク処理を施してくれる機能

があります!

これは、すごい!ただし、これはPCでの作業になってしまいます。

ここが注意点ですね^^;

っというわけで、どのように行うか解説いたします。

スポンサーリンク

YouTubeクリエイターツールの「顔のぼかし処理」「カスタムぼかし」

YouTubeクリエイターツールのモザイク処理は2つあって

  • 顔のぼかし処理
  • カスタムぼかし

があります。

右上の自分のアカウントをクリックした「クリエイターツール」

動画の管理からモザイクをかけたい動画の「編集」をクリック

ここの「動画加工ツール」というのが、モザイク処理になります。

「顔のぼかし処理」

まずは、「顔のぼかし処理」を行います。これが、非常に優秀。

クリックすると、動画を処理して自動的に顔を検出して、モザイクをかけてくれます。

はい!この顔2つを検出しましたとでました。「すべてを選択」をクリック。

「保存」を押すと、完了です。

実際に、動画を見てみるとしっかり2人の顔にはモザイクがかかっています。

カスタムぼかし

とはいえ、自動的に処理しているので、精度はまだまだです。

たとえば、先程の「顔のぼかし処理」では1人が検出されませんでした。

そんな時はカスタムぼかしを使うと良いですね。

動画上で、モザイクをかけたい箇所を選択すると、自動的に必要な箇所を検出してモザイクをかけてくれます。

不要な箇所は、ドラッグして必要な箇所を詳細に合わせることができます。

これで、良ければ「完了」をクリック!いやー、モザイク処理非常にカンタン、便利ですね。

最後に「保存」を忘れずに

編集が終わったら「保存」をクリックしましょう。これは、忘れずに。

最後の注意点として、このモザイク処理はYouTube側で行うため、少し時間がかる時があります。

しばらくしてから、YouTubeから動画を見てみたらしっかりモザイクかかってました。

PC上からでしか処理できないのが、辛いですがモザイクをかけたい時に、「自動検出」してくれるのが、楽ですよ!

YouTuberを目指している方は、ぜひ活用してみてください^^

スポンサーリンク
PCアドセンス