【iOS12】メジャーが無くても測れる「計測」アプリ!ARメジャーに未来感じる

スポンサーリンク

こんにちは、中川です。

iOS12にすると自動的にアプリが4つ追加されます。

  • 計測
  • 株価
  • ボイスメモ
  • ショートカット

の4つです。今日、紹介するのは、、

計測
分類: 設定
最初からインストール済み

「計測」アプリのご紹介です!

スポンサーリンク

「計測」アプリの使い方

「計測」アプリを立ち上げるとカメラが立ち上がります。

使い方は、非常にカンタン。

机の横幅を図りたい時は、端っこに合わせて「+」をタップ。

点が付いてそのまま、反対側の端までついたら、、、

また「+」をタップ。

すると、「81cm」と表示されました!うほ!未来じゃん!

四角いものは「縦・横」自動計測

で、さらにすごいのは、四角いものは「縦・横」自動で計測してくれます。

例えば「iPhone7」を写し出すと、オレンジで表示されてiPhone7を認識してくれます。

この状態で「+」をタップすると、縦と横のサイズを表示されてくれます。

  • 縦:14cm
  • 横:7cm
  • 面積:112㎠

と出ました!これは、すごい!!!

誤差はどのくらいあるのか?

とはいて、どのくらい誤差があるのか知りたいですよね。

例えば最初の机の横幅。

このテーブルはIKEAのテーブルでして、サイズは横幅「84cm」ですから、誤差「3cm」あります。

iPhone7は

計測アプリ 140mm 70mm
実寸 138.3mm 67.1mm
誤差 1.7mm 2.9mm

となっており、2、3mmの誤差がありますね。

まとめ

正確に測りたい時は、メジャーが必要かもしれませんが、ざっくりサイズを測りたい時は便利だと思います^^

例えば、洋服を買う時に、お子さんの身長が130cmだったか、140cmだったか、わからない時。

さっくり測れば、サイズを間違える事はないですね。

釣った魚を測る時にもそう。コンテストでも無い限り、ざっくりサイズがわかれば良いはずです。

しかも、魚はメジャーで測ろうとすれば、暴れちゃうから一苦労。

でも、iPhoneで魚に触らず測れれば、これはこれで便利です。

様々な場面で、活躍しそうなARメジャーアプリ「計測」。iOS12にした際には、使ってみてください!

計測
分類: 設定
最初からインストール済み

【iOS12】コントロールセンターどこいった?って時の表示方法
こんにちは、中川です。 iOS12になって、あまりiOS11と変わらない見た目なので、違和感なく利用しています。 ところが、「コントロー...
【iOS12】ホーム画面から4本指マルチタッチジェスチャで、直近使用したアプリを起動する方法
こんにちは、中川です。 iOS12のびっくり機能がありましたので、ご紹介。 iPad特有の機能で、マルチタッチジェスチャというのがありま...
iPad Pro10.5をiOS12にバージョンアップしてみた。手順を解説
こんにちは、中川です。 昨日、ついについについにー!!! iOS12がリリースされました! 今回ばかりは、使いたい機能が魅力的すぎるの...
スポンサーリンク
PCアドセンス