Apple純正「ファイル」アプリにLINE Keepが対応!出来る事・できない事

スポンサーリンク

こんにちは、中川です。

Apple純正「ファイル」アプリを何気に見ていたら、、

ファイル 1.3.1
分類: ユーティリティ
価格: 無料 (Apple)

「LINE Keep」があるのに気がつきました。

「LINE Keep」ってあんまり使ったことがなかったので、試しに色々弄ってみました。

って事で、

Apple純正「ファイル」アプリにLINE Keepが対応!出来る事・できない事

をご紹介します!

スポンサーリンク

「ファイル」アプリにLINE Keepを表示させる

ファイル 1.3.1
分類: ユーティリティ
価格: 無料 (Apple)

まずは、「ファイル」アプリにLINE Keepを表示させましょう。

右上の「編集」をタップ。

「LINE Keep」の項目をオン。最後に「完了」をタップです。

「ファイル」アプリのLINE Keepで出来ること

基本的には、

LINEアプリで保存した写真を見ることができる

という単機能のようです。

LINE 8.14.5
分類: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料 (LINE Corporation)

LINEアプリで、写真を長押し。

メニューから「Keep」をタップ。

「保存」をタップ。これで完了。

ファイル 1.3.1
分類: ユーティリティ
価格: 無料 (Apple)

「ファイル」アプリの「LINE Keep」を見てみると、確認できます。

「ファイル」アプリのLINE Keepできない事

さてさて、できない事。

まず、テキストやURLなどは「ファイル」アプリに表示されません。

また、「ファイル」アプリのLINE Keepには、何かしがのファイルを追加する事はできません。

LINE →「ファイル」アプリの一方通行。且つ、写真のみ

という制限がついているようです。

まとめ

LINE Keepに関しては、クラウドサービスというよりも、写真の受け渡し・保存、アプリ。

という感じです。その他のファイルが見れない事や、テキストは見れないので、ちょっと使い勝手はよろしくない。

ただ、

LINE → Mac

という形で写真を保存したい時には、直感的で便利かと思います^^

また、今後はきっと双方向でファイルのやりとりが出来るようになってくると思いますので、今後に期待したい機能ですね^^

ファイル 1.3.1
分類: ユーティリティ
価格: 無料 (Apple)

LINE 8.14.5
分類: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料 (LINE Corporation)

>>>【小目次】iPadの基本アプリ まとめに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス