iPad Pro11インチ専用 スマートキーボード 開封した!背面も守られて安心感あり

スポンサーリンク

こんにちは、中川です。

iPad Pro11インチ専用のスマートキーボードも届いたので、開封していきたいと思います!

今回からスマートキーボード は、背面もカバーするタイプに切り替わりました。

スポンサーリンク

開封して10.5インチのキーボードと比較

化粧箱をみるとわかりにくい。

裏面には、角度が2種類あるよ。ってことですね。

開けてみます!ヒャッハー!

開封!開いてみる!

裏面にある金属部分が、iPadと接続する端子になります。

iPad Pro10.5インチ用のキーボードと比較してみましょう。

大きさはほぼ同じですね、これ。

横に並べてみました。10.5インチを酷使しているので、汚れいていますがお気にならずに^^;

11インチの方が、少し長いですね。

iPad Pro11インチを装着

早速iPad Pro11インチをパイルダーオン!

じゃん!真っ黒です!可愛げはまったくありません!

まさに、プロ仕様。

カメラ部分は、穴が開いています。

カメラの出っ張りが、カバーから出ないよう担っています。親切設計^^

当然、カバーは開け閉めによる画面スリープ対応。カバーを閉めると画面はスリープ。開けるとスリープ解除してくれます。

カバーをつけても再度部分は守ってくれるわけではありません。

ハーゲンダッツのクリームサンドみたいに、ぴったりとカバーとiPadのサイズが合っています。

落っことすと、危なさそうですね^^;

角度は2種類・キーボード収納はできない

化粧箱に書かれていますが、角度は2種類あります。

急角度なものと、

これまでと同じ角度があるもの。

そして、以前はできていたキーボードを収納するモードはなくなりました。

もう、Proはキーボード使え!という事なんですね。

カバーの重さを計測

アナログなスケーラーしかないですが、測ってみます。

キーボード単体で、約300g程度

iPad Pro単体で468g程度あるので、合わせると750g前後の重さになります。

iPad Pro10.5の時は、720g程度だったので約30g増加。

まー、でも背面カバーもありますから仕方ないっちゃ、仕方ない。

iPad Pro9.7インチの時は、薄く・軽く・高性能。という方向だったのですが、どんどん重く・高性能という形になりました。

また、軽さも追求してほしいなー。。という気もしますね^^;

http://inakagawa.com/?p=13568
http://inakagawa.com/?p=13542

スポンサーリンク
PCアドセンス