iPadでメルカリにチャレンジ!

写真アプリの基本画面構成

Advertisements

写真アプリの基本画面構成

こんにちは、中川です。

今日は、iPadに最初から入っている基本アプリ

写真アプリの基本画面構成を解説しましょう。

iPad初心者さんは、何がどうなっているのやら、わからないで使っていると思いますのでね(汗

写真アプリの基本画面構成

いってみよー!!

Advertisements

「場所」・「日付」別に仕分けする「写真」

まず、最初に「写真」っという箇所。

ここは、主に場所と日付で、自動で仕分けされています。

写真を探す時に、見つけやすい箇所でしょう。

クラウドに保存したり、友達に共有したりする「共有」

次に、「共有」

ここは、写真をクラウドに保存したり、友達に共有したりする場所です。

ここに、写真を置くとiCloudの中に写真が保管されます。

さらに、ここから友人、友達に写真を共有する事が簡単にできます。

使わないのは勿体なさすぎますよ^^:

iPadの中の写真は全てここ「アルバム」

iPadの中の写真は、基本的に全てここに保管されます。

「アルバム」です。

自分好みに「アルバム」を作って、仕分けしても良いでしょう。

iPad初心者さんが、気をつけるポイントとしては、、

iPadの中の写真は全て「カメラロール」に入っています。

このカメラロールの写真は全て「自動」でフォトストリームにもコピーされます。

そして、ここにはiPhoneなどの写真もコピーされます。

このフォトストリームは、iPad、iPhoneの写真が同期される場所と知っておいてください。

僕はよく聞かれます^^;

△【小目次】iPadの写真アプリの使い方 まとめ に戻る

<関連記事>

写真を「思い出」ごとに仕分けする方法(アルバムの作り方) | iPad初心者のための使い方入門

iPadの写真アプリで、写真の順番を入れ替える方法 | iPad初心者のための使い方入門

【iOS9】スライドショーの動き(トランジション)一覧 | iPad初心者のための使い方入門

▲目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

Advertisements