Safariでログインパスワードを自動登録する方法

スポンサーリンク

Safariでログインパスワードを自動登録する方法

こんにちは、中川です。

今日はインターネットをするアプリ「Safari」の便利な使い方です!

Safariなどで、ネットショッピング。よくあると思います。

そんな時は、iPadにパスワードを覚えさせる方法があるのですよ。

っというわけで、

Safariでログインパスワードを自動登録する方法

いってみよー!!

スポンサーリンク

「設定」→「Safari」→「自動入力」

まずは、設定を確認しましょう。

「設定」→「Safari」→「自動入力」

「ユーザー名とパスワード」をオンにします。

これで、準備OK!

パスワードの登録方法

それでは、早速Safariで試してみましょう。

例えば、こんな感じでAmazonのログイン画面

最初は、パスワードなどを入力します。

これで、ログインすると、、

「パスワード覚えさせる?どうする?」

っと聞いてきます。

ここで、OKをタップするとiPadにパスワードが登録されます。

次回からは、自動的に入力される

次回からは、とてもカンタン。

そのページになった瞬間にパスワードなどが自動入力されています。

これは、楽チン^^

パスワードが保存されている場所

それでは、パスワードが保存されている場所はどこなのか?

きになりますよね?

「設定」→「Safari」→「パスワード」

ここに入っています。

iPadを落っことしちゃうと、全部見られちゃうから本当気をつけましょうね(汗

自動入力の注意点

ただ、この自動入力というのは便利な反面。

iPadを落っことしちゃうと、個人情報を全部抜き取られてしまうというリスクがあります(汗

ですので、正直中川はこの機能つかっていません。

パスワードや個人情報の管理は、すべて1passwordというアプリで別管理をしています。

参考にしてください^^

iPad版1Passwordの使い方まとめ | iPad初心者のための使い方入門

△Safariの使い方 目次に戻る

<関連記事>

Safariで開いているページから文字検索をする方法 | iPad初心者のための使い方入門

Safariでクレジットカード情報をカンタンに入力する方法 | iPad初心者のための使い方入門

Safariで住所や名前を自動で登録する方法 | iPad初心者のための使い方入門

▲目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス