Amazon音楽聴き放題が3ヶ月99円
iPad初心者のための使い方入門へようこそ

このブログはiPad初心者さんのために
購入方法から活用法まで多くの情報を発信するブログです。

はじめてのiPad選び方

プレゼンテーションの保存方法

Advertisements

こんにちは、中川です。

Keynoteには「保存」の概念がありません。

ですので、当然「SAVE」や「保存」というボタンがありません。

どこに保存されるかというと、iCloudに保存されます。

っという事は、iCloudに保存されるタイミングを知っておかないと、不意な操作でファイルを消してしまうことになります。

気をつけましょうー!

Keynote 2.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: ¥1,000 (Apple)

プレゼンテーション編集画面に戻ればiCloudに保存される

作成途中のスライドを保存する場合は、スライド編集画面から、一度プレゼンテーション編集画面に戻ります。

すると、スライドの右肩に「↑」が付き、iCloudに保存されます。

一応、この印まで確認した後で、keynoteを終了させましょう。

バックグラウンドでiCloud保存されます。

作成途中のスライドが消えてします事例あり

実際、僕のお客様でKeynoteのスライド作成途中で消えてしまった事があります。

よく聞いてみると、スライド作成途中にホームボタンを押して、そのまま終了させてしまっている事が原因のようです。

おそらく、作成途中のスライドは一時的にメモリに保存されます。

しかし、そのままアプリを終了させてしまうと、メモリ解放になって消えてしまいます。

この時、保存されていたスライドも消えてしまったと考えられます。

ですの、iCloudに保存するまでは、一応Keynoteは終了しない方が無難です。

Keynoteはお仕事で使われることとが多いと思います。

そのファイルが消えてしまっては、青くなるのは目に見えていますからね(汗

Keynote 2.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: ¥1,000 (Apple)

>>Keynoteの使い方 まとめ に戻る

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

コメント

Advertisements