iPadでもパソコンでも、カンタンExcelの使い方。関数を入力するコツ

AD

iPadでもパソコンでも、カンタンExcelの使い方。関数を入力するコツ

こんにちは、中川です。

エクセルを使うのであれば、「関数」は使うべきでしょう。

Microsoft Excel 1.18.5
分類: 仕事効率化
価格: 無料 (Microsoft Corporation)

もちろん、iPad版エクセルだって関数は使えます。

今日の記事は単に「Excelの使い方」になっちゃいますが、知っておいて欲しい機能でございます!

iPadでもパソコンでも、カンタンExcelの使い方。関数を入力するコツ

いってみよー!!

大きく2種類あります。

「オートSUM」を使う

まずは、「オートSUM」。

セルのカンタンな足し算や平均、入力されているセルの個数を数えるのに役立ちます。

足し算、つまりSUMでいきましょう。

連続した数値のすべての足し算を行います。

「数式」→「オートSUM」をタップ。

すると、連続した数値のすべての足し算結果がでます^^

このオートSUM機能で使える関数は、

  • SUM
  • AVERAGE
  • COUNT
  • MAX
  • MIN
  • の5種類・・・。

    ちょっと少ないね(汗

    関数の頭文字だけを入力する

    もう1つ入力する方法が、

    関数の頭文字だけを入力する方法です。

    セルに「=s」と入力してみてください。

    そしたら、関数の一覧が表示されます。

    例えばSUMをタップすると、、、

    関数に入力すべルールが表示されます。

    SUMの場合は()の中に数字を入れると、すべてが足されますよー。

    っという意味ですね。

    ただ、この方法は、ある程度関数の意味を知っている人じゃないと使えないですけどね(苦笑

    パソコンである程度使えてた人は、Excelの関数は必ず使ってたと思います。

    ぜひ、使いこなして中川に教えてくださいな^^:

    <関連記事>

    <効率よくブログを読みたい人は目次をどうぞ>

    目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

    Facebook Comments
    facebook
    iPadでもパソコンでも、カンタンExcelの使い方。関数を入力するコツ
    この記事をお届けした
    iPad初心者のための使い方入門の最新ニュース情報を、
    いいねしてチェックしよう!
    スポンサーリンク
    PCアドセンス
    PCアドセンス

    シェアする

    関連記事広告
    スポンサーリンク
    PCアドセンス