MonoMax2016年9月号の付録は、iPad AirもiPad mini入る「BEAMS」のクラッチバック!

AD

MonoMax2016年9月号の付録は、iPad AirもiPad mini入る「BEAMS」のクラッチバック!

iPadを収納するものにも拘る。中川です。

iPadにはカバーをつけない派なので、もっぱらiPadをくるっと包み込むケースを使っています。

でも、それだと財布や、定期、鍵を持ち運ぶ事ができません(汗

そこで、目をつけたのがこちらの雑誌の付録

MonoMax9月号!

なんと、iPadも入るクラッチバッグが付録なのです!!

その上、「BEMAS LIGHTS」ブランドという事で、所有欲もたまらんですよ!

そんなわけで、購入してみますた^^

書籍は、こんな感じですな。それよりも、まず付録を見よう(笑

外装はこんな感じです。「BEMAS LIGHTS」のブランドが眩しい。

ちなみに、BEMAS LIGHTSとは「旅」をテーマに立ち上げたブランドのようです。

開けます!ジャン!!

おぉ!!??あ、二つ折りになっているのね。

どうりでちょっと、小さいかなって思いました(笑

見よ!「BEMAS LIGHTS」の文字を!!

銀箔の押型ですよ。贅沢ぅー⤴︎

ありゃ、糊あとがあります。うーむ。まー、この辺は付録という事で、しょうがないところでしょう><:

それでは、全体図をどうぞ!

表は「BEMAS LIGHTS」のロゴ光る大人顔。

裏はポケットが1つありますねー。

結構な大きさがあります。

試しに、iPadAirを入れてみました。すっぽり入ります^^

素晴らしい。

大きさをちょいと見てみましょう。

iPadAirと比べると、かなり大きいですねー。

Proの12インチでもすっぽり入るんじゃないですか?

A4サイズのクリアファイルもスッポリ入りそうです。

肌触りは、レザーとまではいきませんが、高級感のあるポリエステルです。

紺色ってのが、安っぽい感じを払拭してて良いですねー。

また、ジッパー部分の金属部分もしっかり作られていますよ。これ、もう付録じゃねーな。

マチは3cmくらいですね。厚めの財布も入りそうです。

いやー、色々入れられて、、、重くなりそう(汗

中身はポケットたくさんで機能的

開いてみます。

内側は、これまた変わって、ポケットたくさんであるのです。

素材感としては、おしゃれな雨ガッパのような感じですね。

ポケットが3つに、ジッパー付きのポケットが1つ。

反対側には、「BEMAS LIGHTS」のロゴ。めちゃくちゃ、豪華ですなー。

ちなみに、このジッパー付きのポケットには、、、

iPad miniがすっぽり入ります!!

うーん。素晴らしい出来のクラッチバック。

機能的で、紺色ですので、スーツにもカジュアルにも合います。

愛用中のiPadPro9.7インチと財布を入れると、パンパンになるので入れ方に工夫が入りそうですが、付録とは思えないクオリティのクラッチバッグ!

これは、間違いなく売切れるでしょ!

転売ヤーが、買い占める前にゲットしておきましょうね^^

<関連記事>

<効率よくブログを読みたい人は目次をどうぞ>

目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

Facebook Comments
facebook
MonoMax2016年9月号の付録は、iPad AirもiPad mini入る「BEAMS」のクラッチバック!
この記事をお届けした
iPad初心者のための使い方入門の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

関連記事広告
スポンサーリンク
PCアドセンス