【動画有】iPhoneやiPod touchを使って手ぶらプレゼンを行う方法

スポンサーリンク

こんにちは、中川です。

さて、このブログをご覧のあなたはKeynoteに興味をお持ちですね。

っていう事は、当然

「スティーブ・ジョブズ」スタイルのプレゼン方法がお好みじゃないですか?

iPad&iPhone or iPod touchがあれば、できますよ^^

アプリが1つ必要ですが、まるで手ぶらのようなプレゼンができます。

身振りを大きくして、聴講者に思いを伝えましょう!

iPhoneやiPod touchを使って手ぶらプレゼンを行う方法

いってみよー!

Keynote 2.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: ¥1,000 (Apple)

Remoteが必要

手ぶらプレゼンを行うには、Remoteというアプリが必要です。

Keynote Remote 1.3
分類: 仕事効率化
価格: 無料 (Apple)

インストールしましょう。

Remoteの設定方法

最初にiPad側のKeynoteとiPhone側のRemoteを接続する必要があります。

iPad側のKeynoteを立ち上げます

右上のレンチマークをタップ。

すると「プレゼンテーションツール」というのがあるので、これをタップ

次の吹き出しに「Remote」があるので、これをタップ。

「Remoteを有効にする」をオンにします。

では、次はiPhone、iPod touch側のRemoteを設定します。

Keynote Remote 1.3
分類: 仕事効率化
価格: 無料 (Apple)

iPhone側のRemoteを立ち上げるとこんな画面

「Keynoteにリンク」をタップします。

「新規Keynote リンク…」をタップ。

すると、4桁の数字が表示されます。これをiPad側のKeynoteに入力すると完了です。

iPad側のKeynoteには、iPhoneを確認できる画面になっています。

4桁の数字を入力するテンキーが表示されます。

iphoneに表示された4桁の数字を入力しましょう。

認識が完了するとこんな画面^_^

では、使ってみましょう^^

Remoteの使い方

では、早速つかってみましょう。

iPhone側のRemoteを立ち上げて見てください。

スライドショーを制御をタップします。

すると、iPhoneの画面にiPadのスライドが表示されます。

発表者ノートも表示されています^_^

こーんな感じで、セミナーやプレゼンしたらかっこいいと思いませんか?

フリックすると、iPadのスライドが送られます。

戻りも可能です。

iPhoneだったら、手のひらサイズですので、いかにも手ぶらでプレゼンしてるように見えますよね^^
ちょいとYouTubeでRemoteを使った動画を撮ってみました^_^


▶ keynote remote

iPhone、iPod touchお持ちのかたは是非使ってみてくださいねー!

Keynote 2.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: ¥1,000 (Apple)

Keynote Remote 1.3
分類: 仕事効率化
価格: 無料 (Apple)

>>Keynoteの使い方 まとめ に戻る

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス