GoogleMapで「現在地」を表示させるための設定

GoogleMapで「現在地」を表示させるための設定

こんにちは、中川です。

今日は、みんな大好き「GoogleMap」の使い方を解説します。

Google マップ – リアルタイムの乗換案内、交通情報、および周辺のスポット検索 4.22.0
分類: ナビゲーション,旅行
価格: 無料 (Google, Inc.)

GoogleMapはとても便利で、出張中に必ず使います。

地図を見るときは、必ず最初に「現在地」を確認しますよ。

ですので、GoogleMapをよく使う人は「現在地」を確認する方法をしっておいてくださいね^^

プライバシー設定で「位置情報サービス」をオン

まずは、「設定」を確認しましょう。

「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」

→「GoogleMap」

→「このAppの使用中のみ許可」にチェック

これで、準備OKです^^

右下の「現在地」マークをタップで「現在地」表示

右下の現在地マークが「現在地」表示です。

こいつをタップすると、現在地に青ポチが表示されます。

自分が向いてる方向に▲が付く

で、よーく、よーく見てください。

丸ポチに▲が付いてるのがわかりますよね?

これが、自分が向いている方向です。

iPadを持ったまま、グルグル回ってみてください。

その▲もグルグル回るはずです。

これで、自分が「どこにいて」、「どっちを向いてる」かが、わかりますよね^^

GoogleMap、本当に便利ですので、ぜひ活用してみてくださいね!!

Google マップ – リアルタイムの乗換案内、交通情報、および周辺のスポット検索 4.22.0
分類: ナビゲーション,旅行
価格: 無料 (Google, Inc.)

>>GoogleMapの使い方まとめ

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

facebook
GoogleMapで「現在地」を表示させるための設定
この記事をお届けした
iPad初心者のための使い方入門の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする