iPadの通信費削減!最安値のWiMAXはこちら

プレゼンで、iPadの容量がいっぱいになった場合のバックアップ方法

Advertisements

こんにちは、中川です。

せっかく作ったプレゼン資料ですから、バックアップは重要です。

iCloudに保存されるとはいえ、あれは同期のためのものですので、バックアップ先としては信頼がないですね。

って事で、

プレゼンで、iPadの容量がいっぱいになった場合のバックアップ方法

いってみよー!!

Keynote 2.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: ¥1,000 (Apple)

iPadの容量を確認

まずはiPadの容量を確認しましょう。

「設定」→「一般」→「使用状況」

と進んで「使用可能」を確認。2Gを切っていたら大ピンチですね(汗

バックアップ方法はパソコンかクラウドを考える

バックアップ方法は、パソコンかクラウドになります。

以前、PDFで保存する方法を記事にしました。

この時は、出力ファイルをPDFにしましたが、この時Keynoteを選択すればOKです^^

Keynote専用置場としてBox.netを提案

バックアップ先として様々な方法はありますが、今回はBox.netを提案します。

Box for iPhone and iPad 2.8.7
分類: ビジネス,仕事効率化
価格: 無料 (Box, Inc.)

Keynoteの共有をタップした時に、iTunesの隣りに「WevDav」というアイコンがあったと思います。

これは、クラウドの方式でして、「Box.net」というクラウドサービスが唯一対応しているんですね^^

50G無料キャンペーンをやっていた時に、申込をしたので、無料で50G容量あるんですが、放置していたので、この機会に設定してみます!

そうすれば、Keynoteだけでなく、iWork系、ilife系のファイルはすべて、ここに置いておけますよね!

では、次回、Keynoteのバックアップ先にBox.netを設定してみる!

いきまーす!

Keynote 2.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: ¥1,000 (Apple)

Box for iPhone and iPad 2.8.7
分類: ビジネス,仕事効率化
価格: 無料 (Box, Inc.)

>>Keynoteの使い方 まとめ に戻る

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

コメント

Advertisements