家に貯まる紙の書類をやっつけるためにコクヨのシュレッダー「AMKPS-80」を買ったのでレビュー

スポンサーリンク

家に貯まる紙の書類をやっつけるためにコクヨのシュレッダー「AMKPS-80」を買ったのでレビュー

家の中の紙類に埋もれて暮らしています。中川です。

もう、本当勘弁してください(泣

子供が小学校に上がったのを期に、さらに紙類は膨れ上がり、見ないふりを決め込んでいたら、、、

ついに大しっぺ返しをくらいました><;

そこで、重い腰を上げScanSnapを購入。紙類の一層を図ります。

そして、紙類をそのまま捨てるとプライバシーもきになるし、何よりゴミの量がパナいので、シュレッダーを購入。

amazonで、異常に評価の良いこちらを購入してみました。

評価が713もついて、星の数4.5ですよ!

これは、期待せずにいられない!

ってわけで、今日は開封の儀式からレビューいきたいと思います^^

スポンサーリンク

開封の儀式

まずは、外箱どん!シンプルですので、これ以上語りようがない(笑

開けてみます!ざーん。発泡スチロールに守られていますね。

そでは、取り出してみます!じゃん!内容物を見てみましょう。

シュレッダー本体に、、

説明書。

こりゃ、なんだ。メンテナンスシート?

へー、この用紙を裁断すれば、シュレッダーの切れ味を保てるようですね。

どのくらいの頻度でやるのだろうか。

このシュレッダーの嬉しいところは、安全設計。

うちには小1の娘がいますので、そこんとこ大事です。

裁断するには、シュレッダー用のスリッドの蓋を開けて、さらにこの裁断スイッチをオンにしないとシュレッダーできません。

常時オン状態にしたい人には向かないかもしれないですが、そうゆうとこ大事です。

シュレッダー用の蓋も、左側のボタン押して、引き戸をスライドさせないと、開かない仕組みになっています。

この変も安全設計ですな。

シュレッダーの性能としては、最大5枚を一気に裁断できるようですね。

裁断された用紙は、引き戸のこの中には入ります。

やや、なんか入ってる。

あ、「機能検査してるからゴミ入ってるかもしれないけど、許してね。」だそうです(笑

さて、なんかゴミ捨てが面倒な事になりそうなので、袋をかぶせてみました。

閉めるとこんな感じです。。ダサい^^:

裁断してみた

では、実際に裁断してみましょう。

スライドスイッチを「裁断」に合わせます。ランプがグリーンになりました。

この状態で、A4用紙を一枚挿入。

この機種シュレッダーの中では、静かな部類に入るようです。

どうなんでしょう。僕は初めて使うので、なんとも言えませんが。

使いながら、普通に会話はできる程度の裁断音だと思います。

はい!裁断されました!こんな感じ。

A4用紙一枚で、このぐらいは溜まります。わかりにくいね(汗

結構重量があるが、取手がついてるので持ちやすい

パーソナルシュレッダーって初めて購入したのですが、結構重量があります。(商品重量は5kg)

ですので、持った時にズシっとくるんですが、、

両サイドに持ち手があって、しっかり持ち上げる事ができます。

こういったものは、一度設置場所を決めてしまえば、動かす事はないと思いますが、持ち運びやすいというのは、良いポイントですね^^

1000枚裁断したが、紙詰まり無し

届いたその日に、ガンガンスキャンして、ガンガン裁断しました。

名刺だけで700枚弱スキャンしてるので、それ以外の書類も含めたら1000枚くらい1日で裁断してると思います。

それでも、紙詰まりは無く、ガンガンスキャンできます。

ただ、ゴミ箱容量が少ないので、都度捨てないといけません。

一回パンパンにすると、コンビニの袋がいっぱいになる程度です。

パンパンにしちゃうと、当然ですが途中で裁断が止まるので、腹八分目で捨てるのが良いでしょう。

しかし、パーソナルシュレッダーって、こんな快適なんですね!

早く買えばよかったなー。でも、この機種でたの何時だろう。

あ、2008年だって!

そんな昔からあるのか!それで、700以上のレビュー数。そして星4.5という高評価!納得です。

紙類で家が溢れている人には、この機種で充分だし、これ以上ないコストパフォーマンスを発揮してくれます!

>>>【小目次】iPadをより便利にする周辺機器に戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス