パソコンは使わない。ScanSnap「iX500」の初期設定方法

スポンサーリンク

パソコンは使わない。SCANSNAP「iX500」の初期設定方法

こんにちは、中川です。

先日、購入したScanSnap「iX500」。

開けただけで、放置してました(汗

使用するには初期設定が必要です。

もちろん、パソコンは不要。

iPadだけで、初期設定いきますよー!!

長いですので、覚悟してくださいねー(笑

スポンサーリンク

専用アプリ「ScanSnap Cloud」をインストール

ScanSnap Cloud 1.1.2
分類: ユーティリティ,仕事効率化
価格: 無料 (PFU LIMITED)

まずは、ScanSnap「iXシリーズ」専用アプリ「ScanSnap Cloud」をインストールします。

これが、ないと始まらないのでゲットしましょう。

ScanSnapの電源を付ける

「ScanSnap Cloud」を立ち上げます。

こんな画面です。

初めて使うので、「初めて利用する」をタップ。

「設定準備」を確認して、「確認して次へ」をタップ。

この画面は「スタート」をタップ

購入したのは、「iX500」です。タップです。

背面を確認しろとの事です。

あ、はいはい。ありました。「ラベルがある」をタップ。

SSIDをメモしろとの事です。はい、メモしました。

「次へ」をタップ。

WiFiのスイッチをオンにするそうです。オンにしました。

「次へ」をタップ。

初めてWiFiに接続です。

「選択して進む」をタップ。

お、ここで電源ケーブルを差し込むんですね。

差し込んだ状態で、「WPSボタン」を押したまま間、前面カバーを開けます。

「次へ」をタップ。

ボタンが紫色になったら「次へ」だそうです。

紫色なった。「次へ」をタップ。

おー!これで電源がオンになったようです。

「続ける」をタップ。

iPadとScanSnapを接続する

ここから、iPadとScanSnapを接続します。

「スタート」をタップ。

接続情報を直接入力します。

「次へ」をタップ。

あ、iPadとScanSnapをWiFi接続するのね。

ここからiPadの画面です。

「設定」→「WiFi」をタップ。

あ、これだ。

「iX500」と記載されたWiFiが見えます。

これをタップして接続します。

はい、接続したので「次へ」をタップ。

あ、これで完了だ。「続ける」をタップ。

ScanSnapとお家のインターネットに接続する

この状態でやっと、ScanSnapとインターネットを接続します。

「次へ」をタップ。

ここで、お家のWiFiを選びます。

お家のWiFiのパスワードを入力します。

待ちます。

お!これで「ScanSnap」がインターネットに接続されたようです!

「ScanSnap」を最新の状態にする

次は、「ScanSnap」を最新の状態にするみたい。

「スタート」

終わった!!なんじゃい!

「続ける」をタップ。

「ScanSnap Cloud」にアカウント登録

ScanSnapの「iXシリーズ」を快適に使うための「ScanSnap Cloud」のアカウント登録を開始します。

「スタート」をタップ

「アカウント作成」をタップ

メールアドレスとパスワードを入力

「同意して登録」をタップ。

メールを確認して、、、、

認証コードを入れます。

アカウント登録完了!「続ける」をタップ。

Scanしたデータを各種クラウドに保存する設定

Scanした書類を、各種クラウドに保存する設定を行います。

「スタート」をタップ。

「設定を開始する」をタップ

「文章」、「名刺」、「レシート」、「写真」

のこの4種類のScanしたものを、自動で振り分けてくれます。

僕は、こんな感じで設定してみました。

「文章」→「Evernote」
「名刺」→「Evernote」
「レシート」→「Dr.Wallet」
「写真」→「GooglePhoto」

「保存先を確定」をタップ

はい!完了です!

まだ、なんかある?「続ける」をタップ。

おぉ!これで、終わりだー!!

使ってみよう

それでは、早速使ってみます。「スタート」!

ScanSnapの電源が紫色になっている事
確認したら、、

原稿をセットします。

Scanボタンをタップ。

おぉ!行けた!

「scan履歴画面へ」をタップ。

Evernoteに保存されたようです。

いやー!長かった!

これは、初心者には厳しいね(汗

でも、めちゃ便利になる事間違いないので、がんばってみてくださいねー^^

>>>【小目次】iPadをより便利にする周辺機器に戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス