iPadのPagesやKeynoteで、「ふい字」などの新しいフォントを追加して使う方法

iPadのPagesやKeynoteで、「ふい字」などの新しいフォントを追加して使う方法

こんにちは、中川です。

今日は、久しぶりに目からウロコが落ちた情報を紹介します。

これまでiPadには新しいフォントを追加できない!

っと思っていました^^:

ところが、お客さんの要望で「ふい字」とかいう可愛いフォントで資料作成したいとの事。

そこで、調べてみたところ、、、

「iPadに「ふい字」フォント追加できた!!!」
「可愛い資料、iPadでできるぉ!!!」

っというわけで、やり方・設定方法など紹介したいと思います。

フォント追加に必要なアプリ

まず、必要なアプリがこちらです。

AnyFont 2.6
分類: ユーティリティ,仕事効率化
価格: ¥240 (Florian Schimanke)

上記をタップして、ゲットしてインストールしてください。

そして、もう一つ。

次の項目で、フォントをダウンロードするんですが、保管場所ですね。

Documents 5 – ファイルシステム、PDFリーダー、メディアプレーヤー、クラウドマネージャ 5.7.3.
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Readdle)

保管場所は、Documentsあたりで良いかと思います^^

追加したいフォントの「ttf」データ

つぎに、「ふい字」データをゲットします。

こちらのサイトから検索して見つけました。

ただし、基本的に配布形式は、「ZIP」や「LZH」といった圧縮形式になっています。

一度解凍しないといけません。

「ZIP」であればDocumentsというアプリなどで解凍できますが、「LZH」だと対応してなくて(汗

「ふい字」はLZHなのです。しょうがないから、ここだけパソコン使っちゃいました(汗

WinZipは「LZH」対応っぽいのですが、試してないです(汗

で、この「ふい字」フォントをDocumentsに保存して、準備完了です。

「ふい字」フォントをiPadに取り込む

さー、いよいよ。iPadに「ふい字」を設定していきますよ!

Documentsの右上「編集」をタップ

「ふい字」のデータにチェックを付けて、「開く」をタップ

出てきた吹き出しの中から「AnyFont」をタップ。

AnyFontに切り替わります。

AnyFontに「HuiFont」が追加されました!

そしたら、この「HuiFont」をタップ

出てきた画面のイラストをタップ

「設定」アプリに切り替わり、「ふい字」フォントのインストールを促されます

「パスコード」をタップ

「次へ」をタップ

「インストール」をタップ

「インストール」をタップ

「完了」をタップです。

我がiPad!最強成り!

Pagesで「ふい字」を使ってみる

それでは、Pagesで文章を書き、フォントの選択を見てみてください。

「ふい字」発見!設定すると!!

書いた文章が「ふい字」フォントに!!!

可愛いぉ!!!

そんなわけで、可愛い文字で資料作成をしたい方は、チャレンジしてみてくださいね^^

AnyFont 2.6
分類: ユーティリティ,仕事効率化
価格: ¥240 (Florian Schimanke)

Documents 5 – ファイルシステム、PDFリーダー、メディアプレーヤー、クラウドマネージャ 5.7.3.
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Readdle)

Pages 3.0.5
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: ¥1,200 (Apple)

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする