図形(オブジェクト)にリンクを貼って、2つ前のスライドに一瞬で戻る方法

AD

こんにちは、中川です。

セミナーや発表の時に、2つ前のスライドに戻りたいときってありませんか?

説明上、2つ前のスライドの図を見せたい。

でも、スライドの順番は変えたくない。みたいな。

そんな時は図形やオブジェクトにリンクを貼って、そこをタップすると戻るように設定することが出来ます^^

パワポ風に言うと「ハイパーリンク」ですがKeynoteでは「インタラクティブリンク」というみたいですね。

図形(オブジェクト)にリンクを貼って、2つ前のスライドに戻る方法

いってみよー!

Keynote 2.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: ¥1,000 (Apple)

レンチマークからインタラクティブリンクを設定

例として、9Pから6P目に戻るハイパーリングを作ります。

右下の「2つ前に戻る」と書かれたテキストボックスにリンクですね。

レンチマークをタップして、「プレゼンテーションツール」をタップ

次に「インタラクティブリンク」をタップ。

右下のテキストボックスをタップすると、吹き出しで「リンク」と表示されます。

この吹き出しの中から「スライドへリンク」をタップ

6P目に戻りたいので「6」をタップします。

これでOK!右上の終了をタップして完了です。

早速プレゼンテーションモードで見てみましょう!

「2つ前に戻る」オブジェクトをタップすると、、、

戻りましたー!

自由度の高いスライドの完成ですね!

あなたも、使ってみてください^^

Keynote 2.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: ¥1,000 (Apple)

>>Keynoteの使い方 まとめ に戻る

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス