色々汎用性がありそう!スライドにパスワードを付ける方法

スポンサーリンク

こんにちは、中川です。

iOS7になってから、スライドにパスワードがかけれるようになりました。

すごく、ビジネスユーザーを意識していますよね!

機密文書なんかもパスワードかけておいて、iCloud経由で社内で共有。

なーんて使い方も考えられます!

色々汎用性がありそう!スライドにパスワードを付ける方法

いってみよー!

Keynote 2.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: ¥1,000 (Apple)

レンチマークからパスワード設定。

パスワードのかけ方は、右上のレンチマークから設定できます。

パスワード設定画面になるので、適当にれちゃいます。

スライドに鍵がかかりました!

おぉ!カンタンですね^_^

タップしたら、当然パスワードを入れないと開かないですな。

共有したらどうなるの?

iOS7のKeynoteはプレゼンテーション共有する機能があります。

これ、使ったらどうなるんでしょう?

共有できない?!できないそうです(汗

iCloud経由でパソコンのKeynoteにアクセスしたらどうなるんでしょう?

iOS7のKeynoteはiCloud経由で、ブラウザからKeynoteを使えます。

これ、どうなるの?って、いうことで見てみました。

おぉ、鍵かかってますね。クリック!

開けられない?!開けられないそうです(汗

ってことは、iPadのKeynoteでパスワードを掛けた場合はそのiPadじゃなきゃ開かないみたいですね。

これ、結構重要!

Keynote 2.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: ¥1,000 (Apple)

>>Keynoteの使い方 まとめ に戻る

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス