文字の間違いを置換する方法

AD

こんにちは、中川です。

昨日は大量にあるスライドの中からサクット文字を見つける方法でした。

でも、修正は手作業でしたよね?

これも自動化できちゃいますよ!

文字の間違いを置換する方法

いってみよー!

Keynote 2.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: ¥1,000 (Apple)

検索ではなくて「置換」を使う

今日は、文字検索ではなくて、置換を使います。

昨日は文字検索をしましたよね。

この時、左側の歯車マークをタップします。

吹き出しに「検索と置換」があります。これをタップね。

すると、窓が2つになります。

左側に検索対象の文字、

右に検索した文字を置き換えたい文字

例ではiPadをiPhoneに変えたいとします。

これで「置き換える」をタップすると、、

はい!変わった!「置き換える」を連打していけば、どんどんiPadがiphoneに変わって行きますよー!

ちなみに、「発表者ノート」も対象になるみたいですね。

あなたも使ってみてくださいね^^

Keynote 2.0.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: ¥1,000 (Apple)

>>Keynoteの使い方 まとめ に戻る

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス