iPadでメルカリにチャレンジ!

AppleIDのセキュリティアップ!2ファクタ認証(2段階認証)を設定する方法

Advertisements

AppleIDのセキュリティアップ!2ファクタ認証(2段階認証)を設定する方法

こんにちは、中川です。

先日、Facebookをみていたらこちらのブログがシェアされて上がってきました。

Apple IDに登録してあった21桁のパスワードが突破されました
いやー、まいったね!まさか突破されるとは思わなかったからねー!! ボクがApple IDに設定していたパスワード21桁が突破されたっぽいです。気づいたのはAppleからメッセージが来たから。 『お客様

21桁のAppleIDのパスワードが突破された!

という衝撃的なニュース!いやー、これは怖いですね(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

そして、パスワードを突破されたものの大事に至らなかったのは

2ファクタ認証(2段階認証)のおかげ

だそうです。

もう、これはやっておかないと怖いですね。って事で、設定方法を解説します!

Advertisements

「設定」→「iCloud」→「パスワードとセキュリティ」→「2ファクタ認証」

設定 – パスワードとセキュリティ
分類: 設定
最初からインストール済み

今回も設定から行います。

「iCloud」→

「パスワードとセキュリティ」→

「2ファクタ認証を有効にする」

AppleIDのパスワードを入力します。

「続ける」をタップ

電話番号を入力してSMSにチェック。これで、本人確認ですね。

届いたSMSに確認コード、6桁の数字が届くのでこれを入力します。

はい!これで、2ファクタ認証設定完了です( ̄^ ̄)ゞ

アプリをインストールする時は、2ファクタ認証

これで、何が起こるかと言いますと、、

例えば、iPhoneで「AppleIDの管理」にアクセスします。

Apple ID確認コードを求められます。

っと、同時にiPadに、、

「あなたにAppleIDにアクセスがありましたよー」

っと、表示されます。ここで「許可する」をタップすると。。

確認コードの6桁の数字が表示されます。

これを、先ほどのiPhoneに入力するとAppleIDにログインできるわけです。

っという事は、、

つ ま り、、、

他の怪しい人が、AppleIDにアクセスしようとしても、

必ずあなたの使っているiPhone、iPadに、「アクセスあったよー!!」

っと、連絡がいくわけ。AppleIDが他人に使われているなら、即わかるわけですね^^

セキュリティアップ(☼ Д ☼) クワッッ!!!

自分のiPadは、自分で守りましょう!

>>【小目次】iPadのよくある質問・困った・Q&A に戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

Advertisements