iPadPro10.5 のスマートキーボード(だけ)来たー!開封したー!

AD

iPadPro10.5 のスマートキーボード(だけ)来たー!開封したー!

こんにちは、中川です。

キタキタキター!!!iPadPro10.5の、、、

スマートキーボードだけ。。

はよ本体こーい。本体コーイ。本体Come onー。(´・ω・`)

とはいううものの、スマートキーボードだけでもテンション上がっているので、化粧箱からチェックしていきたいと思います( ̄^ ̄)ゞ

iPadPro10.5専用スマートキーボードはこんなだ

まずは、全面。

9.7用のスマートキーボードと比較してみました。

やはり、若干大きいですね^^

そして、背面。おー、画像が違うぞ。

9.7は斜めからの画像ですね。10.5は真横からの画像。

何の心境の変化でしょうか。

裏面を細かくみます。

iPad Pro(10.5インチ)と書かれていますね。

はよコーイ。

正式名称は、

iPad Pro(10.5-inch)Smart Keyboard

ですね。

しかし、本当にJISキーボードなのか。

っと思っていたら、ここに「Japanese」と書かれていました。一安心。

開封!

さー!いよいよ開封です。パカ。

ひゃっぽーい!

この細長いやつは、たしか説明書。

ですね。使い方が記載されています。

これが本体!ふーむ!!(興奮

じゃじゃーん!JISキーボード!

展開!!からの、、

スタンド!(iPad無

iPadPro9.7と10.5で比較

iPad Pro9.7をパイルダーオン!

やっぱはみ出しますね。キーボード。

背面から見てみました。四方からキーボードがはみ出ています。

ちょっと、わかりにくいね。

はい、ガイドをつけてみました。5mm程度はみ出ている感じですね。

キーボード部分で比較してみましょう。

やはり1cmほど大きいのです。iPadも大きくなるということは、重くなるという事。

これが、どのくらい効いてくるんでしょうか。

さて、キーサイズをチェック。

10.5はキーサイズも大きくなっています。

9.7のキーボードは、ロジクールTM715から移行するのに、若干慣れが必要でした。

そのぐらい小さかったんですよね。

10.5の場合は違和感なく、打てそうです^^

Mac(JIS配列)のキーボードとも比較

それでは、もう一つMacのキーボードと比較してみました。

MacはJIS配列なんですよね^^

上が10.5のスマートキーボード、下がMac。

位置が全く同じで嬉しい!

右端のEnterキーが大きくなったので、「っターン!」とカッコよく打感できるでしょう。

また、下部の文字変換の「かな」と「英数」など、MacのJIS配列ならではの便利機能。

いちいち地球儀マークを押して、今は「ローマ字」だー「English」だーを、切り替えなくて良いのです。

日本語打ちたかったら右の「かな」!

英語打ちたかったら左の「英数」!

はよiPad Pro10.5こーい!

一点気になるのが、Macの「Fn」の場所に「地球儀マーク」がある事。

これ、使うかなー。。

まとめ

iPad Pro10,5専用スマートキーボードの開封レビュー。

やはり若干大きくなり、キーピッチも大きくなりました。

JIS配列になり、Macと同じ「日本語キーボード」として登場です。

打ち心地や、一体型になる事から、iPad Pro10.5をお仕事でバリバリ使うのであれば、これ一択!

他者製のbluetooth キーボードを使う理由は無いでしょう!

ただし、、

お値段税抜きで17800円
(税込だと、19224円ですよ(´・ω・`) ショボーン)

っと、キーボードとしてはべらぼうに高いわけです^^:

高級なカバーと、高級なキーボードを、両方購入したら、このぐらいのお値段になりますよね。よね。だよね^^:

買うなら使いこなす覚悟で、行くしかありませんね。

でも、使い心地はさすがの一言!パソコンいらずのiPadになります( ✧Д✧) カッ!!

>>>【小目次】iPadをより便利にする周辺機器に戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

facebook
iPadPro10.5 のスマートキーボード(だけ)来たー!開封したー!
この記事をお届けした
iPad初心者のための使い方入門の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

関連記事広告
スポンサーリンク
PCアドセンス