【速報!】iPad Pro10.5キター!!開封レビューしつつ9.7とも比較の儀式

スポンサーリンク

キタキタキター!!雨降ってるけどiPad Pro10.5がきました!

レビュー用に写真をパシャパシャ撮りまくっています。中川です。

スポンサーリンク

化粧箱はこんなだ

まずは外箱から出します。いつもより若干大きく感じます。

パカ!オープン!

おぉ!「iPad Pro」の文字が!

ロゴがゴシックになってますね。

取り出して、正面からパシャ。

前面を向いている画像って珍しいですね。

これまでは、薄さを強調するために側面の画像だったと思います。

ってなわけで、9.7の化粧箱を取り出して並べて見ました。

やはり、右のPro9.6は真横から撮影した画像。

10.5は真正面から撮影した画像になってます。

側面のiPad Proのロゴを比較してみました。

上が9.7、下が10.5です。10,5は太めのゴシックかな。力強さを感じますね。

9.7は薄さをイメージしているのでしょう。

裏面を見てみます。

今回は、、

iPad Pro10.5 WiFi+セルラー(SIMフリーモデル)256Gベゼル容量 ローズゴールド

を購入してみました。

開封!オープン

はい!オープン!

出てきました!iPadPro10.5!

感想は、ズシっと重いです。Pro9.7と比べて30gしか変わらないのに、このズッシリ感。

Lightningケーブルがクルクルっと丸まって入っています。

これも、初めて。

説明書の類。相変わらずの読むところの無さ。

ただ、今回は、ちょっといつもと違う内容になってます。

Pro9.7に比べてデカくて重い

さーさ、本体を見ていきましょう。

iPadの上下左右にある余白の部分。今回はここが細くなったという事です。

っという事で、早速9.7と比べてみます。

重ねてみました。

Pro10.5は、背が高くなり、横幅も広くなったのです。

はい、このように半分くらいになったのかな。

上の部分も、薄くなっているのです。

下のホーム画面の部分も細くなりました。

そして、裏面。ここは、あまり変わりありません。

これだと、分かりにくいですが、カメラがすごい出っ張ってるんです。

9.7どうだったかな?っと思って比較してみました。

10.5のカメラ部分は、大きくなって、出っ張ってるんですよね。

9.7と比較した画像だと、10.5が大きくなったのが分かりやすいです。

比較すると10.5の背の高さが際立ちます。1cmしか変わらないのに。

カメラの性能は、大きさに比例して変わるようでして、かなり明るい写真が撮れるみたい。

フラッシュも搭載していて、デジカメとしても優秀ですね。

さらに、動画撮影時に2倍の光学ズームが搭載されたようです。

この前、娘の運動会だったんですが、ズームするとザラつくんですよね。

これが、ザラつき無しでズームできちゃうという事です。素晴らしい。

しかし、炎天下でiPadPro10.5を持つのは辛いぞ。

重量チェック!

さてさて、気になるのが重さ。

公表されている重量は

iPad Pro9.7 iPad Pro10.5
重量 444g 477g

となっていますので、ここではSmartKeybordを装着した状態で測ってみます。

iPad Pro9.7 iPad Pro10.5
重量 約640g 約720g

うぉぉ!重い!一気に80g近く重くなっています。

700gの大台に乗ってきました。

攻めましたねーApple。

やはり性能と重さのバランスをとるのが難しかったのでしょうか。

しかし、僕は結構好意的に受け止めています。

気軽に持ち運ぶマシンではなく、ヘビーユーザーが本気で使うマシン。

という本気の想いが感じられます。

気軽に使いたいユーザーは、iPad(無印・第5世代)、iPad mini4を使いなさい。

という意思表示なのでしょう。

はっきりとターゲットが見てとれるので、紹介する僕としても分かりやすくて良いです^^

まとめ

画面だけでなく、本体としての大きさ、質量も重くなったiPad Pro10.5。

性能はもう、2年くらい前のMacBookに匹敵するという噂も出てきています。

これから、セットアップしつつどのように育てていこうか、非常に楽しみです。

現時点では、単なるデカiPadですからね(汗

秋のiOS11のアップデートまで、10,5の重さになれるため、しばらく一緒に寝ようと思います(嘘

関連:iPadPro9.7インチ来た!娘が図書館に行くと言い出す前に、開封の儀式!

スポンサーリンク
PCアドセンス