セキュリティが心配な方は、AppleIDからクレジットカード情報は外しておこう!設定方法を解説

AD

こんにちは、中川です。

最近は、読者さんからセキュリティ関係の相談をよく受けます。

もし、万が一、乗っ取り被害にあった場合、真っ先に狙われるのは、、

AppleIDに紐付いたクレジットカード情報

なのです。そこで、回避策として

AppleIDからクレジットカード情報を外してしまう

という案があります。

これなら、万が一乗っ取られたとしても、クレジットカード情報を盗み取られる事はありません。

ただ、有料アプリなどをダウンロードする時に、ちょいと面倒になりますけどね^^;

読者
わたし!無料アプリしかダウンロードしません!

っという方は、クレジットカードを登録している必要はありませんので、外してしまいましょう!

今日は、クレジットカード情報を外す方法を解説します( ̄^ ̄)ゞ

AppleIDからクレジットカード情報を外す

設定 – コントロールセンター
分類: 設定
最初からインストール済み

まずは、設定を開きましょう。

「設定」→「iTunes Store と App Store」と進み、「AppleID」をタップ。

ここでApple IDをタップします。

「お支払い情報」をタップ。

ここにクレジットカード情報があります。ここで「なし」をタップ。

最後に「終了」をタップして完了です( ̄^ ̄)ゞ

AppleIDを変更したので、Appleからメールが届きます。

届いてる事を確認しましょう。

クレジットカード「なし」にした場合のデメリット

ただ、この設定をするデメリットがあります。

有料アプリはダウンロードできません(汗

こんな表示がでます。ちょいと、面倒です。

ただ、コンビニ等で売っているiTunesカードを使えばクレジットカード無しでも有料アプリを変えます( ̄^ ̄)ゞ

音楽、映画、テレビ番組 (日本は対象外)、App、ブック、オーディオブックのお買い物、Apple Music のメンバーシップ料金や iCloud ストレージの料金のお支払いなど、さまざまな用途にギフトカードの残高をご利用になれます。

iPad、iPhone初心者さんは、iTunesカードを使うと安心ですね^^

>>【小目次】iPadのよくある質問・困った・Q&A に戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

facebook
セキュリティが心配な方は、AppleIDからクレジットカード情報は外しておこう!設定方法を解説
この記事をお届けした
iPad初心者のための使い方入門の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

関連記事広告
スポンサーリンク
PCアドセンス