これはわかりやすい!Strikinglyにクレジットカード決済の「Stripe」を設定する方法

AD

こんにちは、中川です。

Strikinglyの凄さ、素晴らしさは、ネットショップ機能ではないでしょうか(☼ Д ☼) クワッッ!!!

Strikingly 3.0.2
分類: 仕事効率化,ユーティリティ
価格: 無料 (Strikingly)

銀行振込に、PayPalと、対応するネットショップサービスはよくあります。

ですが、ですが、、、

対応するカードの種類が少ない事なんですよね^^;

ところが、Strikinglyときたら

  • VISA
  • マスターカード
  • アメリカンエクスプレス
  • ダイナース
  • JCB
  • ディスカバー

と日本で多くの人が使っている「VISA」と「JCB」に対応してくれているのです!(☼ Д ☼) クワッッ!!!

素晴らしい!

しかし、「Stripe」って何さ?と思いますよね^^;

そこで、中川人柱となり、まずは使い方を解説してみたいと思います!

SafariからStrikignlyにアクセス

いつものごとく、ネットショップ機能の「シンプルストア」を使うには、SafariからStrikinglyにアクセスする必要があります。

この方法を使って、SafariをPC表示にしてからStrikinglyにアクセスしましょう!

「セクション追加」→「シンプル・ストア」

セクション追加で「シンプル・ストア」を選択します。

ひとまず、これで設置完了です( ̄^ ̄)ゞ

そしたら、決済指定方法です。

「ここをタップして、Eコマースを始めましょう!」をタップします。

「Stripe」を決済方法に設定する

それでは、「Stripe」を決済方法に設定します。

「設定」をタップ。

まずは、金額を日本円をチョイスしましょう。

そして、「Stripe」を選択。

「STRIPEへ接続する」をタップ。

次は、Stripeの設定画面になります。

「あなたの所在地は?」

この項目で「Japan」を選びます。

「サービスについて」

ここでは、ネットショップで売りたいもの説明をしましょう。

「運用者情報」

ここでは、僕は「個人事業主」、サービスURLは「Strikinglytで作るHPのURL」を入力しました。

ご自身の状況を入力しましょう。

「個人情報」

ここでは、あなたの情報を入力しましょう。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所

が記入項目です。

明細書表記情報

ここで書いた内容が、お客様のクレジットカード明細に載ります。

  • 明細書表記
  • ふりがな(カタカナ)
  • ふりがな(英文字)
  • 電話番号

銀行口座情報

売上をstripeから振り込んでもらう口座を記入しましょう。

僕は楽天銀行をチョイスしていましたが、ちゃんと設定できました^^

  • 金融機関
  • 支店
  • 口座番号
  • 口座番号(確認)
  • 口座名義(カタカナ)

Stripeアカウント情報の作成

stripeアカウントを作ります。

メールアドレスとパスワードだけのカンタンです。

最後に「Authorize access to this account」をタップして完了です!

「stripe」に有効が出たらOK

無事に、Stripeが認証できたら「有効」と表示されます。

これでOKです!

Stripeからメールが来るので、チェックしましょう。

英語ですが…

公開した「ネットショップ」はこう見える

公開した「ネットショップ」を見てみましょう。

「購入する」をタップ。

購入者情報を入力して「支払い方法を選択してください」をタップ。

ここで「カードで支払う」にチェックを入れて「注文を確認する」をタップ。

「CHECKOUT」をタップ

すると、Stripe決済画面に遷移します。これが、わかりやすい!

連絡先情報のメールアドレス、カード情報「だけ」を入力します。

これだけですよ!(☼ Д ☼) クワッッ!!!

購入者さんを迷わせない、わかりやすいシステムですね^^

ぜひお試しくださいませ( ̄^ ̄)ゞ

Strikingly 3.0.2
分類: 仕事効率化,ユーティリティ
価格: 無料 (Strikingly)

>>Strikinglyの使い方 まとめに戻る

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス