GoogleDriveアプリいらんかも!DocumentsとGoogleDriveを連携させる方法

AD

こんにちは、中川です。

昨日の続編、Documentsとクラウドの連携です。

Documents 6 – PDFリーダーとブラウザ搭載のクラウド対応ファイルマネージャ 6.0.2
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Readdle Inc.)

今日は、DocumentsとGoogleDriveの連携方法を解説します( ̄^ ̄)ゞ

いってみよー!

DocumentsとGoogleDriveを連携させる

GoogleDriveにログインをタップします。

アカウントを選択します。中川は10個ぐらいGoogleのアカウントを持っています故。

メインで使っているアカウントをチョイス

アカウント連携の許可をします。「許可」をタップ。

はい!これだけで、GoogleDriveに保管されているファイルが確認できます!

GoogleDriveのローカルフォルダと同期も可能

Dropboxの時もありましたが、右上に「同期」というボタンをタップすると、、

Documentsのローカルフォルダとの同期が可能です。

実は、Documentsはアプリ一つで、DropboxもGoogleDriveも両方ともアクセス可能になります。

つまり、わざわざ別のアプリを用意しなくても、良いのでiPadの節約にもなるわけですね( ̄ー ̄)ニヤリッ

Documents使いこなすと、便利になりますよ!ぜひ、お試しください!

Documents 6 – PDFリーダーとブラウザ搭載のクラウド対応ファイルマネージャ 6.0.2
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Readdle Inc.)

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

Facebook Comments
facebook
GoogleDriveアプリいらんかも!DocumentsとGoogleDriveを連携させる方法
この記事をお届けした
iPad初心者のための使い方入門の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

関連記事広告
スポンサーリンク
PCアドセンス