[iOS11]Appleの「純正ファイル管理アプリ」が登場!「ファイル」の基本画面

AD

こんにちは、中川です。

iPadをメイン端末としてガシガシ使っていきたい場合に、iPad側に必要なアプリがあります。

ファイル
分類: ファイル管理
最初からインストール済み

それが「ファイル管理アプリ」( ー`дー´)キリッ

これまでも、「GoodReader」や「Documents」などのアプリを紹介してきました。

しかし!!Appleから純正アプリ管理アプリ

「ファイル」

が登場しました( ✧Д✧) カッ!!

iOS11にアップデートすると、突然ホーム画面に登場しますので、驚いた方もいらっしゃるでしょう^^;

そんな方のために、基本画面の解説をしておきましょう

「ファイル」アプリ基本画面解説

画面は大きく2つにわかれます。「最近使った項目」と「ブラウズ」

それぞれの画面構成を見てみましょう。

最近使った項目

「最近使った項目」には、iPadの中で最近使用したファイルを一覧してくれます。

ここでは、なんのアプリを使ったか。は、関係なく。ファイルだけにフォーカスしています。

すぐに必要なファイルにアクセスしたい時は、この「最近使った項目」からアクセスするとアプリを経由する必要がないので、早いですね。

ブラウズ

「ブラウズ」では、「ファイルの保存場所」、「よく使う項目」、「タグ」の3つの項目からファイル管理を行います。

場所

「場所」では、別のクラウドサービスなどからもファイルを閲覧する事ができます。

  • iCloud Drive
  • OneDrive
  • ドライブ(Google Drive)
  • Documents
  • DropBox

と、主なクラウドサービスに対応した上に!Documentsにも対応しています( ̄ー ̄)ニヤリッ

よく使う項目

タグ

タグは、自分の決めたルールに基づいてファイルを管理する機能です。

例えば、顧客の名前のタグを作っておくと、その顧客に関するファイルが、アプリに関係なく検索することが可能になります。

>>>【小目次】iPadの基本アプリ まとめに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

Facebook Comments
facebook
[iOS11]Appleの「純正ファイル管理アプリ」が登場!「ファイル」の基本画面
この記事をお届けした
iPad初心者のための使い方入門の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

関連記事広告
スポンサーリンク
PCアドセンス