iPad版Wordの使い方 文章のスタイルを決める

スポンサーリンク

こんにちは、中川です。

今日は文章のスタイルについてです。

文章を構成するときに、見出しや表題、引用文などを、一つづつ自分で太文字にしたり、インデントを調整したり、するのは大変です。

ですので、あらかじめWord側で「スタイル」を用意してくれているので、それを選ぶとカンタンです。

っというわけで、

iPad版Wordの使い方 文章のスタイルを決める

いってみよー!

右上の「A」にペンマークが「スタイル」

右上の「A」マークがスタイルです。

例えば、引用表示させたい文章にカーソルを合わせておいて「A」マークをタップすると、、

引用表示になります。

この、引用表示わかりやすいですよね^^

それ以外にも、多くの種類があります。

スタイルの種類

▪︎「標準」
標準スタイルは、文字装飾等を全く行わない文字になります。通常の文章を書く場合は、このスタイルを選びましょう。

▪︎「行間詰め」
元々の文章が、最も行間詰めになっているので、このスタイルを選ぶ事は無いでしょう。逆に行間を開けたい人は、行間を選んで広げましょう。

▪︎「見出し1」

見出し1は、今から作る文書の概要、目的などに使いますよね。

フォントは、「MSゴシック」のサイズは「14」になります。

配置は「両端揃え」です。

▪︎「見出し2」

見出し2は、今から作る文書の内容について区分けして使っていきます。

フォントは、「MSゴシック」のサイズは「12」になります。

配置は「両端揃え」です。

▪︎「表題」

表題は、文書の題名です。

フォントは、「MSゴシック」のサイズは「16」になります。

配置は「中央揃え」です。

▪︎「副題」

副題は文書のサブタイトルですね。

フォントは、「MSゴシック」のサイズは「12」になります。

配置は「中央揃え」です。

▪︎「斜体」
▪︎「強調斜体」

斜体です。強調斜体との違いが全然わからなかったです(汗

フォントは、「MS明朝」。サイズは「12」になります。

配置は「両端揃え」です。

▪︎「強調斜体2」

フォントは、「MS明朝」。サイズは「12」になります。

配置は「両端揃え」です。

文字色が水色になります。

▪︎「強調太字」

フォントは、「MS明朝」。サイズは「12」になります。

配置は「両端揃え」です。

「B」(ボールド)太文字になります。

▪︎「引用文」

フォントは、「MS明朝」。サイズは「12」になります。

配置は「中央揃え」です。

スタイルも「斜体」になっています。

▪︎「引用文2」

フォントは、「MS明朝」。サイズは「12」になります。

配置は「中央揃え」です。

スタイルも「斜体」になっています。

さらに、上下に区切り線が付き、文字色が水色になります。

▪︎「参照」

フォントは、「MS明朝」。サイズは「12」になります。

配置は「両端揃え」です。

文字色が灰色(グレー)になり、英字が大文字に変わります。

▪︎「参照2」

フォントは、「MS明朝」。サイズは「12」になります。

配置は「両端揃え」です。

文字色が水色になり、英字が大文字に変わります。

▪︎「書名」

フォントは、「MS明朝」。サイズは「12」になります。

配置は「両端揃え」です。

書体は斜線で、「B」(ボールド)の太文字になります。

▪︎「リスト段落」

単なるインデント下げにしか見えなかったです(汗

なんでしょう。これは。。

<関連記事>

iPad版Wordの使い方 文章を左揃えや右揃えにする方法 | iPadi初心者のための使い方入門

iPad版Wordの使い方 文章を太文字や斜線にする方法 | iPadi初心者のための使い方入門

iPad版Wordの使い方 書体・フォントサイズを変更する方法 | iPadi初心者のための使い方入門

無料メールセミナー(動画付)はこちら
・「友達に自慢して、教えまくりました!!」
パソコンなんてもういらない!iPad初心者のための10日間無料メールセミナー!

iPadセミナー・iPad講座は、東京だけでなく、大阪、名古屋、福岡、北海道、神戸でも行っています。出張iPad講座は、江ノ島でも開催実績があります。

スポンサーリンク
PCアドセンス