Excel超えた!Googleスプレッドシートの「UNIQUE」関数

スポンサーリンク

こんにちは、中川です。

Googleスプレッドシートには、Excelには無い独自関数というのがあります。

Google スプレッドシート 1.2017.48207
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Google, Inc.)

これが、優秀でして、忘れないようにメモしておこうと思います。

Excel超えた!Googleスプレッドシートの「UNIQUE」関数

いってみよー!

スポンサーリンク

「UNIQUE」関数は、重複しているデータを排除する

この関数を使う事例として、今「音楽教室」の生徒さんの管理を挙げます。

音楽教室の先生は、以下のようにデータを入力を行なっています。

日付 名前
2017/12/10 一郎
2017/12/10 二郎
2017/12/11 三郎
2017/12/11 四郎
2017/12/12 五郎
2017/12/12 六郎
2017/12/13 二郎
2017/12/13 七郎

そして、このシートはレッスンをすればするほど増えていきます。

教室の先生の要望は、

先生
今月、生徒は誰が出席したか知りたいです。

っとなります。毎日が忙しすぎて把握しきれてない状況ですね^^;

上の表では、二郎君が2回出席していますが、知りたいのは出席した生徒一覧です。

ですので、表にした時に二郎君が2回登場するのは困るわけです。

ここで、登場するのが「UNIQUE」関数!

一覧にしたいセルの先頭を選んだら「=UNIQUE(B:B)」と入力します。

すると、「一郎」君から「七郎」君まで綺麗に並びます。

二回登場した「二郎」君は、一回だけの登場になります。

セルは自動で増えていく

しかも、この「UNIQUE」関数のすごいところは、「B」列のセルが増えても、自動で抽出してくるところです。

例えば、「2017/12/14」に新規入会の「八郎」君が来たとします。

B列に八郎君を加えると、自動でD列に八郎君が表示されます!!!

これは、便利だ!!

この関数を使うと、購入履歴から商品一覧や、顧客一覧を作る事ができるのです( ̄ー ̄)ニヤリッ

しかも、購入履歴はリアルタイムに増えていっても無問題。

「UNIQUE」関数は増えたものまで自動で抽出対象にしていまうから。

ひーん!Excelでその仕組み作ろうとして、頭爆発してましたよ!

まじ「UNIQUE 」関数のおかげExcelを超えていると思う!

Excelユーザーの方、ぜひ、一度お使いくださいませ(☼ Д ☼) クワッッ!!!

Google スプレッドシート 1.2017.48207
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Google, Inc.)

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

スポンサーリンク
PCアドセンス