Keynoteで作成したスライド資料を、カンタンに参加者さんに共有する方法

AD

こんにちは、中川です。

iPadを使うとカンタンにスライド資料が作れます^^

Keynote 3.3.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

その際、このスライド資料はセミナー参加者さんに、後日共有すると親切ですよね。

そんな時に、

読者
どうやって共有するの?

PDFつくって?クラウドとか?

なんて、質問がきそうですが、Keynoteは優秀です。

とーーーーってもカンタンに、共有する事ができるんですよ!

Keynoteで作成したスライド資料を、カンタンに参加者さんに共有する方法

いってみよー!

共有オプションからメールするだけ

共有したいスライドの右上「…」をタップ。

「ほかのユーザーと共同制作を行う」をタップ。

「共有オプション」をタップ。

「リンクを知っている人は誰でも」にチェック。

「閲覧のみ」にチェック。

そして、「人を追加」をタップして戻ります。

ここで、メールやLINE、Facebookメッセンジャーなどを使って、参加者さんに連絡します。

これで、共有リンクが発行されるので、「送信」するだけ!

カンタンでしょ^^

リンクをクリックするだけで、スライドを確認

受け取った人はリンクをクリックするだけで、スライドを確認する事ができます^^

パソコンでも、iPadでも、iPhone、スマホで、どんな端末からでもチェックできるので、安心です。

セミナー参加者さんに、共有するだけで、、、

「くらうどー、、」「PDFー」とか、頭を悩ませる必要がないので、楽ちんですよ!

iPadのKeynote、ぜひ使いこなしてくださいね!

Keynote 3.3.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

>>Keynoteの使い方 まとめ に戻る

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

facebook
Keynoteで作成したスライド資料を、カンタンに参加者さんに共有する方法
この記事をお届けした
iPad初心者のための使い方入門の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

関連記事広告
スポンサーリンク
PCアドセンス