Amazon音楽聴き放題が3ヶ月99円
iPad初心者のための使い方入門へようこそ

このブログはiPad初心者さんのために
購入方法から活用法まで多くの情報を発信するブログです。

はじめてのiPad選び方

Numbers テンプレートでグラフを学べる「グラフの基本」

Advertisements

こんにちは、中川です。

今日もNumbersの使い方です。

Numbers 3.3.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

Numbersでは「グラフの基本」というテンプレートがあります。

まさかの、グラフの解説をしてくれており勉強になります( ̄^ ̄)ゞ

Advertisements

基本グラフ

棒グラフと円グラフの解説です。

棒グラフは各カテゴリを比較するのに使い、各カテゴリが全体に占める割合を示すのに使うのですね。

初めてしったわ(笑

この状態で、表「販売員別資金調達結果」の「販売台数」の数字を変えると、棒グラフ・円グラフも変化します。

インタラクティブグラフ

インタラクティブグラフは、棒グラフで各カテゴリの比較を、年代別に確認することができます。

グラフの▶︎をタップすると、年代ごとのグラフを確認できますよ。

データの比較

棒グラフでも、積み重ねのグラフなんかもあります。

インタラクティブグラフでは切り替えをしないとみれなかった情報が、積み重ねの棒グラフや面グラフでは一目で確認することができます。

2軸グラフ

2軸グラフでは、別のグラフを重ねて見ることができます。

これ、結構使うのですよ。ブログのポストした数とPV数の関係性を見たりとか、別のグラフの比較ができるのは良いですね^^

散布図

散布図は、各データの相関関係を見ることができるようです。

例では、車の平均速度と燃費の関係性を表しています

バブルチャート

バブルチャートも、各データの相関関係を見ます。

先程と違うのは、2つ以上のデータの相関関係ですね。

販売員数と、販売台数に対して、総売上高のバブルチャートを示しています。

さまざまなグラフをNumersでは扱うことができるので、お仕事でも充分使える表計算アプリになっておりますよ!

「グラフの基本」テンプレートは、練習用に使ってみてください!

Numbers 3.3.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

Advertisements