Amazon音楽聴き放題が3ヶ月99円
iPad初心者のための使い方入門へようこそ

このブログはiPad初心者さんのために
購入方法から活用法まで多くの情報を発信するブログです。

はじめてのiPad選び方

【超基本】Numbersで計算を自動化させる便利機能「関数」の使い方

Advertisements

今日もNumbersの使い方です。

Numbers 3.3.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

前回、Numbersでカンタン計算を行う方法を解説しました。

この方法は、電卓代わりにどんどん計算ができるわけです。

ですが、大量に計算をする必要がある場合。例えば100個の数字の足し算をしなさい。

みたいな、問題がある場合。セルに100個分の数字を入力する必要があります。これは、面倒><;

ですが、「関数」を使えば超絶カンタンに100個分の数字の計算が可能になります( ̄ー ̄)ニヤリッ

関数は「足し算」だけでなく「掛け算」や「平均」などたくさんの種類があります。

今日は、

  • 「合計」:足し算
  • 「平均」
  • 「最小値」
  • 「最大値」
  • 「カウント」
  • 「積」:掛け算

を、ご紹介します!

Advertisements

Numbersの基本関数の使い方

計算結果を表示させたいセルを選択したら、右下の「⚡︎セル」マークをタップ。

ここに「簡易数式」とあります。これが、関数になります。

ここには6種類の関数がすでに用意されています。

タップするだけで、すぐに使えますので、早速挙動を見ていきましょう^^

合計:SUM

合計は「足し算」関数です。

2行から6行までの数字を全て足したい場合、セルをタップして「合計」をタップすると。

全ての数字が足された計算結果が表示されます。

Excelがわかる人は、計算結果が表示されているセルを2回タップしてみてください。

「SUM」関数が使われているのが、わかります^^

ですので、直接セルに「SUM」を入力しても同様のことができます。

平均:AVERAGE

平均は、その名の通り「平均」を出します。

2行から6行までの数字を全て足して、足した数字の数で割ったのが平均です。

これも、タップ一発で計算結果を表示してくれます。

関数は「AVERAGE」が使われています。

最小値:MIIN

最小値は、2行から6行までの数字の中で一番小さい数字を探す関数です。

大量の数字の中から、一番小さい数字を見つけてくれる関数ですので、上手に使うと便利ですよ^^

関数は「MIN」が使われています。

最大値:MAX

最大値は、最小値の逆です。

2行から6行までの数字の中で一番大きい数字を探す関数です。

大量の数字から、一番大きい数字を見つけてくれます。

関数は「MAX」が使われています。

カウント:COUNTA

カウントは、2行から6行までの中で入力されているセルの数を数える関数です。

アンケートに答えている人は何人いるのか?みたいな時にこの関数は役に立ちます。

関数は「COUNTA」が使われています。

積:PRODUCT

積は、2行から6行までの中で入力されている数字の掛け算です。

関数は「PRODUCT」が使われています。

これで、OK^^

指一本で全部を行えるので、とてもカンタンですよ!

表計算初心者は、Numbersを使ってみてください。

Numbers 3.3.1
分類: 仕事効率化,ビジネス
価格: 無料 (Apple)

>>>【小目次】おすすめアプリに戻る

>>>目次(iPad初心者のための使い方入門)に戻る

Advertisements