【iOS12予習】親御さん歓喜!子供のiPad・iPhoneの利用時間を制限できる「Screen Time」

スポンサーリンク

こんにちは、中川です。

今日もiOS12の予習をします( ̄^ ̄)ゞ

これでも一児の親ですから、子供のiPad利用環境なんかは気にしております。

うちの娘はとても良い子(&天使)なので、18時以降はiPadをしない!と自分で決めており、18時以降は読書をし、早寝をします。

そのため、、、

めちゃ早起き。そして、iPad。日によってはAM5時起床です。

僕ら夫婦は、その時間起きられませんから、娘はゴールデンiPadタイムに突入です^^;

ぐ、ぐぬぬ。できれば30分ごとに休憩を挟んで欲しいiPad。

朝早く起きられると、30分ごとにiPad休憩を挟むことができません^^;

そんな、親御さんのために時期iOS12では「Screen Time」という機能が装備されます。

スポンサーリンク

iOS12の「Screen Time」

iOS12の「Screen Time」とは、アプリ一つ一つの利用時間がわかる機能です。

この画像だと、Facebookが32分で、YouTubeが30mですね。

このScreen Timeの中に、アプリに対して利用時間を設定することができるんです。

この画像だと、

夜10時から朝の7時まで、ホーム画面からあぷりが消える

ような設定をしているように見えます(エイゴ、ニガテ、タブン

そうすると、このようにゲームをしていても通知が来ます。

通知には、「今日のゲームはあと5分です」(エイゴ、ニガテ、タブン、オソラク

ですね。

後から、子供がどのくらいiPad・iPhoneを利用していて、どんなアプリをどのくらい使っていたのかも、わかるので、親としては管理しやすくなり、非常に嬉しいです^^

自分自信の管理も楽になる!?

また、自分自信の管理も行えます。

結局は、iPadでブログを書く、メールを返す、YouTubeを見る、などiPadで仕事やエンターテインメントを楽しんでます。

1日にどれくらい時間を使っているのか、詳細にしておきたいわけですからね^^;

今は、Toggleというアプリを使って計測しています。

iOS 12 introduces new features to reduce interruptions and manage Screen Time
Apple today announced new tools built-in to iOS 12 to help customers take control of the time they spend interacting with their iOS devices.
スポンサーリンク