iPadでメルカリにチャレンジ!
iPad初心者のための使い方入門へようこそ

このブログはiPad初心者さんのために
購入方法から活用法まで多くの情報を発信するブログです。

はじめてのiPad選び方

【2019年】iPadのラインナップ

Advertisements

こんにちは、中川です。

iPadを買おうかしら

っと思ったら、まずは現在発売されているiPadの種類を把握しましょう。

意外と数がありますよ。それぞれのモデルをあらゆる形で比較してみました。

Advertisements

iPadのラインナップ一覧

iPad Pro iPad 第6世代(無印) iPad mini4
画面の大きさ 12.9 11 10.5 9.7 7.9
重さ 631g 468g 469g 469g 298.8g
サイズ 280.6 x 214.9 x 5.9 247.6 x 178.5 x 5.9 250.6 x 174.1 x 6.1 240 x 169.5 x 7.5 203.2 x 134.8 x 6.1
性能 A12X A10X A10 A8
Apple Pencil ×
Smart Keyboard × ×
充電端子 USB-C USB-C Lightning Lightning Lightning
容量 64 / 256 / 512 / 1TB 64 / 256 / 512 32 / 128 128
価格(税抜) ¥111,800〜 ¥89,800〜 ¥69,800〜 ¥37,800〜 ¥45,800〜

まずは、iPadのラインナップ一覧。

各種性能や価格の比較表と合わせて作ってみました。

大まかにわけると

  • iPad Pro
  • iPad 第6世代(無印)
  • iPad mini4

の3種類があります。

サイズで比較

iPad選びの最初のポイントは大きさや重さだと思います。

大きさでざっくりと分けるなら、3種類あります。

iPad Pro iPad 第6世代(無印) iPad mini4
画面の大きさ 12.9 11 10.5 9.7 7.9
重さ[g] 631 468 469 469 298.8
縦[mm] 280.6 247.6 250.6 240 203.2
横[mm] 214.9 178.5 174.1 169.5 134.8
厚さ[mm] 5.9 5.9 6.1 7.5 6.1
身近なもの A4コピー用紙 B5の大学ノート 単行本

A4サイズの12.9インチ。A4サイズというとプリンタで使うコピー用紙ぐらいだと思ってください。

画面が大きくなれば、電子書籍や動画が目一杯楽しめます。ただし、重量が重くなります。そこは、仕方ないですね。

iPad Pro11インチ以下なら500mlのペットボトル以下、iPad miniになると缶ジュース1本分まで下がります。

  • 動画や電子書籍、雑誌を目一杯楽しみたい!→ iPad Pro12.9インチ
  • 家でも外でも活用したい!→ iPad Pro11インチ / 10.5インチ / iPad 第6世代
  • 旅行や出張に持ち運んで活用したい!→ iPad mini4

性能で比較

iPad Pro iPad 第6世代(無印) iPad mini4
画面の大きさ 12.9 11 10.5 9.7 7.9
CPU A12X A12X A10X A10 A8
iPhoneとの比較 iPhone XS以上 iPhone XS以上 iPhone8 / 8Plus / X以下、iPhone7 / 7Plus以上 iPhone7 / 7Plusと同等 iPhone6 / 6Plusと同等

性能ならiPad Pro12.9インチ / 11インチが圧勝です。なんせ、最新機種であるiPhone XS以上の性能を持つA12Xチップを搭載しています。その辺のPC以上の性能と言われているぐらいです。

動画編集に画像編集をバリバリするのであれば、iPad Pro一択で決まりです。

ただ、これはiPadで何をするかで体感がかなり変わります。

中川家では、iPad mini4よりも劣るiPad Airがありますが、ゲームやYouTube専用機として、まだまだ活躍中です。

ちなみに、iPad mini4はiPhone6と同じ性能です。iPhone6って5年前の製品ですからね。

ですので、用途が明確なのであれば、性能が最も低いiPad mini4でも充分に活用できます。

  • 動画編集、画像編集、資料作成など仕事でヘビーに使いたい!→iPad Proシリーズ
  • ネットやメール、読書や動画・映画環境がメイン→iPad 第6世代、iPad ini

周辺機器(Apple Pencil / Smart keyboard)で比較

iPadの周辺機器があると、さらにiPadの活用の幅が広がります。

特にApple Pencilの書き心地は、他社製品と比べても群を抜いて書きやすいです。iPadを買うなら是非試してほしいアクセサリです。

また、仕事でバリバリiPadを使うならキーボードはあった方が便利です。純正のSmart Keyboardなら充電も不要で、iPadと一体型になるので持ち運びにも便利ですよ。

【Apple Pencilで選ぶなら】

  • 本格的なデジタル絵画にチャレンジ → iPad Proシリーズ
  • 手軽にお絵描き、手書き入力を試したい → iPad第6世代
  • 手書きにはこだわらない → iPad mini4

【Smart Keyboardで選ぶなら】

  • 仕事でバリバリ使いたい!→ iPad Proシリーズ
  • iPadは読書や視聴専用のつもり→ iPad第6世代 / iPad mini4
Apple Pencilは2種類あります。使える端末が決まっているので要注意です

  • 第1世代Apple Pencil → iPad Pro10.5インチ / iPad 第6世代
  • 第2世代Apple Pencil → iPad Pro12.9インチ / iPad Pro11インチ

また、Smart Keyboardは対応iPadが決まっています。購入予定のiPad専用のSmart Keyboadを購入しましょう。

お値段で比較

iPad Pro iPad 第6世代(無印) iPad mini4
画面の大きさ 12.9 11 10.5 9.7 7.9
32GB ¥37,800
¥48,800
64GB¥111,800
¥128,800
¥89,800
¥106,800
¥69,800
¥84,800
128GB ¥ 48,800
¥63,800
¥45,800
¥60,800
256GB¥128,800
¥145,800
¥106,800
¥123,800
¥86,800
¥101,800
512GB¥150,800
¥167,800
¥128,800
¥145,800
¥108,800
¥123,800
1TB¥194,800
¥211,800
¥172,800
¥189,800

最後にお値段。最も大事なポイントです。

iPadは一番安くて3万円台。最も高いと20万円近くします。

初めてのiPadで用途が読書やメールなど使い方がライトなものであれば、3万円〜5万円程度が予算になるのではないでしょうか?

っとすると、iPad 第6世代やiPad mini4が候補になってきます。

仕事でメールや資料作成まで視野に入れると、iPad Pro10.5インチが性能的にベスト。予算としては7万円〜10万円台ぐらいになります。

最新モデル、最新性能が必須!動画編集や画像編集を外出先でもバリバリ行うぞ!っとなると予算は度外視で、iPad Pro12.9インチ / 11インチをチョイスですね。予算は9万円〜20万円となります。

  • 予算:3万円〜5万円 → iPad 第6世代 / iPad mini4
  • 予算:7万円〜10万円 → iPad Pro10.5インチ
  • 予算:9万円〜20万円 → iPad Pro12.9インチ / 11インチ

初めてならiPad 第6世代(無印)

さまざまな、角度からiPadのラインナップを比較してみました。

で、結論から言いますと、、

初心者さん、初めてのiPadということであれば、性能・お値段を考えると、、


iPad 第6世代がおススメです。

理由としては、、

  • 大きさはB5ノートサイズでカバンに収まりやすい
  • 重さは500mlペットボトルよりも軽い
  • 性能は読書や動画視聴にも充分な高性能
  • お値段は3万円〜5万円台とコスパ抜群
  • ApplePencilも使える!

っと、サイズ・性能・コスパ、どれをとっても申し分なく、その上ApplePencilまで使えるとなると、入門機としては選んで損無しのモデルです。

どれが良いか迷ったらiPad 第6世代を選んでおいて間違い無し!です^^

絶対に小さいのが良い!それ以外を犠牲にしても可愛さ優先!っというならiPad mini4でも良いでしょう。ただし、ApplePencilは使えません。

iPad Proシリーズを選ぶ人は、仕事での活用まで視野に入れた人になります。純正keyboardの完成度が高いので、文字入力のしやすさが絶対条件!っとなる場合はiPad Proシリーズを第1候補で考えて、画面の大きさとお値段との相談となります。

最後に、購入するiPadが決まったら、購入する場所。ですよね。

iPadを購入する場所はおおよそ5種類

  • AppleStore
  • キャリア(携帯ショップ)
  • 家電量販店
  • 中古ショップ
  • Amazon

っとなります。

それぞれのメリット・デメリットをまとめた記事を書きましたので、参考にしてみてください!

>>次のページは
iPadはどこで買えば良いですか?

コメント

Advertisements